8月は宿題の月です   

そういえばあれこれ手をつけっぱなしで完結していない記事の多いこと多いこと。
マイペースでいい加減、興味の対象がコロコロ替わるあたりは、Bという血液型に起因しているんじゃないかと責任転嫁しつつも、やりっぱなしで宙ぶらりんな感じはさすがに気にならなくもない。

たとえば「最新映画評」なんてもはや "最新" と言いがたくなっているし、インドネシアとオーストラリアのロケ紀行も書こう書こうと思いながら果たせず、HOTTOYSのセリーナ・カイルを主にしたカスタマイズもの、さらにもっと遡れば「ダークナイト」トリビアなんてのもブロローグだけ書いたままそりっきりだ。
そこで、夏休みと言えば「宿題」のひそみにならい、今年分のやりっぱなし記事はどうにかこの8月中に完結しようかと誓いをここに立てようと思う。
なるかならぬか、これからのブログにご注目いただきたいものだが、31日に泣きながらドドドと駆け込み更新するなんて、もはやこの歳で踏みたくもない同じ徹の上にいるかもしれないが、まあとにかくやってみましょう。

さて、前記事で少しばかり報告させていただいたサンディエゴで開催の「COMIC CON 2014」から拾いもののパート2です、今日は。


日本でも公開され賛否両論がありつつもおおむね評論家筋あたりからは好評を得、全世界的にも大ヒットをとばしたギャレス・エドワーズ監督版「GODZILLA」の続編製作については、すでにワーナーBros.から公式に発表されていましたが、このコミコン2014においては、製作会社レジェンダリー・ピクチャーズのCEOの口からはとんでもないビックリ発言が!
c0018492_8312539.jpg

と、映画がらみのネットニュースではトップ扱いになっていたので既知の方もおられるでしょうが、なんと続編にはモスラ、ラドン、キングギドラが登場するんだそうです!
って、そりゃ「三大怪獣 地球最大の決戦」じゃないですか!
c0018492_8354174.jpg

今度の「GODZILLA 」については含むところは多いにあれど、いよいよ東宝が誇るオリジナリティあふれる人気怪獣が、しかも3体も登場するという発表にはさすがにテンションあがりましたよ。ハリウッドが造形するキングギドラ、観たいじゃないですか、そりゃ。
で、ついでに含みある「GODZILLA」についての所感も一気に捲し上げたいところですが、長くなるのでそれは「最新映画評」記事にまとめます。


パネル・ディスカッションものでは、世界中から冷笑をあびがちな「BATMAN V SUPERMAN」の監督以下、主演の3人が登壇。
c0018492_8431774.jpg

なんだかニセモノとしか見えない、いまひとつカッコの悪いバットマンが夜の宙空に灯すバットシグナルのさきにフラリとマントを翻したスーパーマンが映し出され、両者にらみ合うというフッテージ映像が公開され、ついでにガル・ガドットのワンダーウーマンのファースト・ルックもリリースされました。
c0018492_8463390.jpg

このフッテージ映像は公式にオンライン公開されることはないようですが、Youtubeのリーク画像で観たものの、まだ海のものとも山のものとも判断しかねる段階でした。会場での大盛り上がりの歓声は響いてますが、私的にはいまのところテンションは低めです。


このコミコン、有名監督、俳優らが登場するイベントについつい目が行きがちですが、なんといってもおもちゃ・フィギュアがらみの各社新作発表こそが本分だろうと、今度はそっちに目を向けるならば、一番気になるのは、なんといってもダークナイトトリロジーがらみのリリースをコンスタントに続けてくれているホットトイズのブース。

まずは、もうすでに発売告知がされたマーティ・マクフライとデロリアン!
c0018492_8592217.jpg

デロリアンにはちょっと魅かれるけど、残念ながらマーティ、ホットトイズにしてはあまり似ていない気が...。
似ていないがらみで続けると、「エイリアン」のリプリー、ちょっと遠目で視認しずらいですがこれも出来はいまひとつ。
c0018492_951311.jpg

反対に、これは似てるぞ系はロボコップ。
c0018492_973181.jpg
ピーター・ウェラーくりそつ!

アンジーくりそつ!
c0018492_974925.jpg

アンドリュー・パーカー・ガーフィールドくりそつ!
c0018492_982395.jpg



とここまではフィギュア道楽者の私でもさすがに買わない。そんなにおこずかいは潤沢ではない。
でもダークナイトトリロジーは別もの。
1/12スケールのザ・バットは、すでに来年発売が告知された時点でテンションあがりまくったので、ここでは「おお、展示されておるか」くらいのもの。
c0018492_9134655.jpg

ホットトイズのフラッグショップ、トイサピエンスではご覧の通り1/12スケールに合わせたバットマンとキャットウーマンと中性子爆弾つきなので、二人っきりの夜のランデヴーシーンとラストシーンの再現可能。
c0018492_9182138.jpg

と、コミコンニュースで中で、今年一番のテンションだったのが次の画像だ! 
c0018492_9241383.jpg
ジョン・ブレイク、キターーー。

映画公開から苦節2年余、そりゃいつかはリリースしてくれるものと信じていたけど、やっと念願の、「相棒」といえば水谷豊でもミッチーでもなくやっぱロビンでしょ、の、これでバットマンのとなりの空位が埋まります。しかも似てるし、かっこいいし。
c0018492_9243373.jpg


そういえばTV版バットマンのロビンがただいま発売中なので、
c0018492_9535034.jpg

このジョン・ブレイクに着せ替え目当てでこれを購入するなんて強者も出てくるかも。
確実にジョン・ブレイク発売後には、そのカスタマイズ画像出回ると見た。え、いやいや私はやりませんよ。ええ、まじで。
でもこうして両者並べてみると、横分けの髪型もかなりTV版を意識的に取り入れていることがわかりますね。ちなみにアン・ハサウェイのセリーナ・カイルもTV版リスペクト造形でしたし。

どうやらこのジョン・ブレイク、ジム・ゴードン本部長とバット・シグナルとのセット販売のようで、こりゃ単体販売より高くつきそうですが、構うもんかねの上出来映えです。いや感涙、感涙。
c0018492_924884.jpg
c0018492_925482.jpg

あとはリーアム・ニーソンのラーズ・アル・グール。ダークナイト・トリロジービィラン列伝には不可欠なんで、ホットトイズよ、頼んだよ是非。


ついでといってはなんですが、この秋にリリースされる「ダークナイト」版格納庫に付属の世界一有名な執事アルフレッド・ペニワースも展示されていて、これもかなり似てます。期待していいんじゃないでしょうか。
c0018492_9361714.jpg


そういえば一年前の香港トイフェアで展示されていた「ダークナイト ライジング」版格納庫のリリースはまだかいな。
c0018492_933283.jpg
ってそう立て続けに発売されてもお小遣いのやりくりが出来ませんが。

と、本日はこんなところでしょうか。

次回からはいよいよ宿題にとりかかるですたい。

by wtaiken | 2014-08-05 09:38

<< ジャック・タチのコンプリートB... 8月です >>