バットマンVSスーパーマンの正式タイトル決定...ほか   

「え、ホントですかぁ?」

うちの呼び鈴が鳴った時、私は昼寝を貪っていたのだ。
なにせ家人は仕事、息子は保育園、自分の自宅仕事に余裕ができた昼過ぎだ、しばし横になるくらい誰からもお咎めを受ける筋合いはなかろう。

寝入りばなを起こされ、朦朧とした意識でインターフォンに出ると、うら若き女性の声がする。なんのことはない、○○宅配便のこの地区担当は女性なのだ。なにか荷物が届いたらしい。
混濁した意識のままふらふらと玄関口へ赴き、ドアを半開きにして荷物を受け取り、シャチハタ的な、朱肉をつけずとも印がつく認めを配達員の手にある受け取りにギュッと押し付けるのだが、何度押し付けてみてもなぜか赤い印がつかないのだ。どうしたんだ、印鑑。印鑑がつかないではないか。

印鑑を押しているのに、印鑑がつかない。そんなよくわからない不条理な状況下に突如おかれた意識が次第に覚醒してき、いままさに自分の手元で行われている、受け取りにギュウギュウ押し付けている印鑑をよくよく見てみると、なんのことはない、印がつかないはずだ私が押しているのは印鑑ではなく、カタチのよく似たリップクリームじゃないか。リップクリームじゃ印はつかないはずだよ。

ならば今ギュウギュウと受け取りに押し付けているリップクリームから、私は即座に玄関の靴箱上のリップクリームと同じ小箱におかれている印鑑に持ち替えなければ、いつまでたってもリップクリームのままでは印は永遠に押されないだろう。持ち替える、なにかきっかけがほしい。とはいえそろそろなにを手こずっているのだこの男は、と思われ出している。
うまい言い訳のひとつも思い浮かばないまま、私は仕方なく「あれ、なんでこの印鑑つかないんだろ」らしき演技を続け、まだリップクリームを押し付けているのだ。
ええい仕方ない、ここはベタだが事実をそのまま、ありていに伝えるより他ないだろう。
「あれ?...すいません、間違って、リップクリーム押しちゃってましたよ!」

突然のこの思いも寄らないカミングアウトに、言われた女子配達員も言う言葉を失ったに違いない。印鑑とリップクリームを取り違え、それに気づかず、幾度となくそれを受け取りに押し付けている中年男が目の前にい、それをそう伝えられたところでなんと言い返せばいいというのか。
だから彼女はから明るい元気な声で、無感情にこう言うしかなかったのだ。
「えー、ホントですかあ?」

あとになってよくよく考えてみると、私は印鑑と同じ小箱に収納されているカタチのよく似たリップクリームを間違って手に取ったばかりか、キャップを外し、円筒型ケース下部にある回転式のひねりを数周ひねり、リップクリーム本体をニュッとひねり出し、それを本来そうして使うべき状態にわざわざしてから受け取りにギュウギュウ押し付けていたのだった。

寝ぼけ行為も度が過ぎると、こうしてブログネタに昇格 (?) するいう絶好の例であった。



「バットマン VS スーパーマン」の正式タイトルとロゴ公開

監督のザック・スナイダーがツイッター上でリリースした新バットマンと新バットモービルのファーストルックにつづき、(仮)ではないタイトルと新ロゴを公開してき、それにしてもこうも立て続けにニュースを発表しているけれど、公開する再来年夏まで果たして持久力が持つんでしょうか、といらぬ心配をしてしまう「バットマン VS スーパーマン」の正式タイトルが「BATMAN V SUPERMAN : DAWN OF JUSTICE」に決ました。で、これが新しいロゴなんですが...

c0018492_1137492.jpg


無理繰りスーパーマンロゴを中に入れんがためにこんなデブっちょのバットマンロゴになっちまった感たっぷりですが、上記正式タイトルの "VS" であるところの "S" が抜けているのは私の脱字なのではなく、ロゴをご覧いただければおわかりのように意図的に S が抜かれているわけで、それが「SUPERMAN」の "S" と被るから1つにしたのか、 "VICTORY" の "V" サインのようでかっこいいからそうしたのか、製作者の狙いはまったく意味不明ですが、こんな余計なことをしたおかげでまたしても世界中からブーイングの嵐のようです。

たとえば「ゴジラ 対 メカゴジラ」を「いや、この表記の方がスッキリしてかっこいいだろ!」といったなんだかわけのわからない理由で、"対" を半分にして「ゴジラ 文 メカゴジラ」を正式タイトルにしたようなもんで、そりゃまあ確かになんやってんだい、ザック・スナイダー監督っ!と言いたくもなろうさ。

なにをしようにも嘲笑とブーイングしか耳にしない、あまりにも前途多難な「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」はあと2年もこんな調子でファンのバッシングが続くんでしょうか。

by wtaiken | 2014-05-22 11:51 | 小ネタ集

<< いまさらながらのBlu-ray版批評 もろネタバレなゴジラVS敵対怪... >>