年末は空オチで決まり!   

先週の金曜、圧倒的な完成度で私が今年観た映画の中ではダントツの1位となった「アルゴ」、とはいえまだまだ "暫定1位" であることは言うまでもない。
残すところ2012年もあと2ヶ月だからといって、これから私は未見の旧作のとんでもない傑作に出会ってしまうかもしれないし、もちろんこれから公開される新作にも「アルゴ」を超える出来を大いに期待している。

たとえばそれは、まさに "老いてますます盛ん" という言葉のピッタリなウディ・アレンの、日本での公開は先になってしまった最新作「ミッドナイト・イン・パリ」の前年に製作された「恋のロンドン狂騒曲」だったり。
c0018492_2132324.jpg
なんと76歳にして自己興行収入を更新したその「ミッドナイト・イン・パリ」では、久しぶりにウディ・アレン監督らしい、シニカルな側面とロマンチシズムな一面がうまい具合に融合されていた新作であったし、「カメレオンマン」や「ハンナとその姉妹」「ブロードウェイと銃弾」あたりの大傑作は望めないにしても、老いてもなお、作品としても、笑いにしても、クオリティは担保されている。ただし数作に1本はとんでもなく "ハズレ" たりして、ちょっとこの邦題からは 今作がその "数作に1本" に中る予感もぷんぷんするのだが。果たして...?


たとえばそれは、2010年のアカデミー作品賞を受賞した「英国王のスピーチ」トム・フーパー監督の新作、ミュージカル版「レ・ミゼラブル」だったり。
だなんて 、実は監督の前作「英国王のスピーチ」は個人的にはイマイチな作品だったんだけど、なんといってもこの「レ・ミゼラブル」はここでも何度か記事にしている通り、キャットウーマンでますますファンになってしまったアン・ハサウェイが出ているものでね、期待せずにはいられない。
c0018492_22565613.jpg
かねてよりアンの断髪シーンが話題になっていますが、果たして作品の出来は如何?


たとえばそれは、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」が傑作だったティム・バートンの3Dモノクロ・ストップモーションアニメの新作「フランケンウィニー」だったり。
c0018492_2139574.jpg
正直「愛犬を失った少年が、科学の力で犬を甦らせる」っていう設定だけでもう泣けてきます。年くったなー、オレ。キャラクター造形もすでにツボ。全米ではいまひとつ当らなかったようだけど。


たとえばそれは、ダニエル・クレイグがジェームス・ボンドになって3作目の「007 スカイフォール」だったり。
c0018492_22583399.jpg
って実は私は年末に向け、この作品を一番に期待しているのだ。お決まりの照準モチーフがポスターには復活!
で、まずは最新の予告篇をご覧いただきつつー



ダニエル・クレイグ " ボンド"就任の第 1作目「カジノ・ロワイヤル」がなかなかの出来、一転期待した続編「慰めの報酬」は肩すかし、で、果たして3作目は...?
これが試写の評判は "007シリーズ最高傑作!" というふれこみ、予告篇からはキレのあるアクションシーンが期待できるし、前任ピアース・ブロスナンのときには "パイソンズ" ジョン・クリーズがコミカルに演じていた武器開発 " Q" を、若きガジェトおたく風に甦らせたところもいい感じだし、
c0018492_2372786.jpg
なんといっても「ノーカントリー」ではほとんどホラー映画の殺人鬼まがいの殺し屋を不気味に演じた、個性的な面構えに反して名前の憶えにくさ抜群俳優ハヴィエル・バルデムが、もしかしたらヒース・レジャー版ジョーカーに匹敵するくらいの悪役っぷりを発揮してくれるのではないか、と期待せずにはいられない、シルヴァという人物のとんでもない奸計ぶりが感じられるクリップを続いてご覧いただきたい。
c0018492_2382511.jpg




すっかり追いつめられたと思いきや、とんでもない奇策で形勢を逆転させる。まさにジョーカーのそれと同じだと思っていたら、この「007 スカイフォール」の監督のこんなインタビュー記事が。
さもありなん。これはやっぱり期待していいんじゃないでしょうか。


■■■ おまけ ■■■

ダークナイトのゴードン本部長ゲイリー・オールドマンに、ティム・バートン版バットマンのマイケル・キートン、「アベンシャーズ」のサミュエル・L・ジャクソン、「サッカーパンチ」のアビー・コーニッシュという、ちょっとしたドリームチームのようなキャスティングの、当の主役は誰が演じるのか知らない2014年公開のリブート版「ロボコップ」のセットフォトです。
c0018492_22391694.jpg
c0018492_22394124.jpg
いや、待て待て、おっしゃりたいことはよくわかる。バットポッドとまでは言わなくても、せめてもちっとバイクのデザインなんとかなんねーのかよ、とか、そもそもダークナイトすぎるコスチュームデザインも如何なものか、とか、もうすでにこのセットフォトで見切ってしまう向きもあろうかと思うけど、もう少し辛抱してみようじゃないか。ね、せめて予告篇くらいまでは。それにしても...。いや言うまい。

by wtaiken | 2012-10-29 23:13

<< え、え、エピソード 7!? 縁のない男 >>