ホットトイーッす!   

c0018492_17553897.jpg

ようやく来年4月にリリースされるようです。
出来としては、もう少しリアルアン・ハサウェイの方が頬まわりや唇がいい意味でボテッとしていると思うし、体型維持には並々ならぬ努力をしたという中坊には鼻血ブーだったろう、ボンッ!キュー!ボンッ!なスタイルもずいぶん控えめな表現になっている気がするけど、↓の、全身の引いた画像や、( 特に )バットポッドに跨がる姿は、かなり様になっていると思う。
c0018492_1802974.jpg
上げた時にネコ耳っぽくみえる特殊グラスはきちんと下ろせるギミックが搭載されているのかちょっと気になるけど、こりゃもちろん" 買い "でしょう。

ホットトイズの「ダークナイト」ジョーカーは、これまで都合4バージョンもリリースされているけど、「ダークナイト ライジング」からはセリーナ・カイルasキャットウーマンのさまざまなヴァリエーション展開に今後期待。仮面舞踏会バージョンとか。空港への逃亡バージョンとか。

ちなみにこの画像はネットで拾ったものだけど、掲載誌は「フィギュア王」。今日立ち読みで確認しました。



さて本日のおまけは、
バットケイヴのパソコンインターフェイスと、ウェイン産業の核融合炉の操作画面インターフェイスをとりまとめて。

もちろんこれらのデザインは、すべてデザイナーがデザインをしているんだけど、クリストファー・ノーラン監督はこういったところにはあまり凝った意匠を用いない。
たとえば「マイノリティー・リポート」みたいなインターフェイスが個人的には好きなんだけどね。
改めて切り出してこうして見てみると、いまひとつもふたつも魅力に乏しいデザインなのだが、でもきっと余計な違和感を排した結果であり、ノーラン版バットマンの世界観を壊さない配慮による地味なデザインなのだとポジティヴにもとれる。
c0018492_18292382.png
c0018492_18293338.png
c0018492_18294130.png
c0018492_18412350.png
c0018492_18294799.png
c0018492_18301638.png
c0018492_18415013.png
c0018492_18415767.png
c0018492_18414314.png

by wtaiken | 2012-08-25 18:51 | 蝙蝠男の孤高の戦いは続くのか

<< いよいよこれが最後か!? シンクロニシティ? >>