旅ビト・コルレオーネ ライジング   

いやあもうなんだかすっかりサボっちまいましたよ。夏だから。いやいやボチボチ仕事がたて込んできて。

7月という、私にとっての" ダークナイトライジング祭り月 "が数ヶ月後の生活には如実に響くけど奇跡的に仕事がほとんどなくて、おかげで日々リリースされる新しい情報をほぼリアルタイムでお知らせできたわけでしたが、公開からまだ1月とたっていないというのに日本ではすでに" 終わって "しまったかの扱い、メディアからは「2012年サマームービーの大本命」とまで目されていた割には、蓋を開けてみると多くの一般大衆からは無視されてしまったカタチで公開4週目で国内興行収入第8位、順当に「アベンジャーズ」が堂々の1位を獲得しているところからすると、世紀の傑作「ダークナイト」シリーズの最終章であってもこの程度にしか支持されないというのは、よっぽどニッポンのバットマン毛嫌いぶりは根が深いんだなあーとつくづく思わされました。

まあもちろん興行収入が作品評価のすべてではないし、むしろそんなものはどうでもいいことなんだけれども、やっぱりもっともっと多くの人に観られてしかるべき作品だと思うがね、わたしは。

とんでもない大馬鹿ものの銃乱射事件がこの作品にカゲを落したことは事実だし、仮にアン・ハサウェイとジョーが来日しての宣伝効果があったらもう少しは一般大衆に届いたのかもとも思う、
そんなこと今更言ったところで詮無い話だが...。


さてさて仕事が忙しくても、映画の3時間くらい観る余裕は随所にあったので、公開後3回、試写と合わせこれまで都合5回鑑賞しました。

昨日は舞浜にあるシネマイクスピアリで「デジタル4K」という上映方式で鑑賞。
正直、「デジタル4K」と「not デジタル4K」を横に並べて観比べないことには、一体どれだけキレイなのか、その差は明瞭ではありませんでした、残念ながら。

ちなみに試写を含めて観た劇場は、東京国際フォーラムホールA、109シネマズ川崎IMAX、109シネマズ木場IMAX、HUMAXシネマ成田IMAX、そして昨日のシネマイクスピアリ。

この中では圧倒的に成田IMAX のスクリーンが噂通りデカく、迫力満点。「ダークナイト ライジング」鑑賞には最適な環境でした。
東京近郊にお住まいのダークナイトファンの方、いまからでも遅くはないから、これから観るつもりならゼッタイ成田IMAXで。あるいはロードショー中にもう一回観とこうかいッ!って御仁は、往復の電車賃と時間をかけてでも成田くんだり( 失礼 )まで行く価値はアリ!
そりゃ都内に土地や空間に制限があるのはわかるけど、「IMAX」っていうからにはこれくらいの大きさがなけりゃ贋もの!っていう気がしますよ、成田に行っちゃうと。

「アベンジャーズ」も公開され、今週末にはすでに鑑賞済みの「プロメテウス」も一般公開、踊るシリーズの完結篇もぼちぼち公開ともなると、いよいよ日本におけるTDKRも終わりが近づいてきたなーという感じですね、たいしてヒットしないままに。

私は昨日のシネマイクスピアリで打ち止めにするつもりでしたが、やっぱり公開中にもう一回は行くことにしました。
ジョン・ブレイクのさわやかな後味とセリーナ・カイルの愛らしさ。いろいろあるけど、やっぱり私にとってはこの2点こそが、まだまだ大きな劇場で見たい気にさせる大きな要因です。


とそんなわけで、ブログ、ライズしました。
次回は、8月4日に特別上映で観た「プロメテウス」についての話題と、ぼちぼち「ダークナイト ライジング」の所感を、その前に、5回観てもよくわからない「ダークナイト ライジング」の不可解な点について書いてみようかと思います。

「ダークナイト ライジング」ネタは縮小していくことになるだろうけれど、どうぞこれからもよろしくお願いします。


んでは、最後に、
CGIによる、どうもゲームキャラらしいキャットウーマン画像と、映画中で気分が" あがる "シーンのひとつを切り出したファンメイドのポスターを。←ネタバレ注意。一応

c0018492_1585694.jpg
c0018492_1591552.jpg
c0018492_1581912.jpg
c0018492_159218.jpg

ここに改めて「ダークナイト」のボスターを。
c0018492_15302022.jpg

そしてこの「ダークナイト」ポスターのモチーフが、よもや今作で、こんなカタチで登場するとは思いもしませんでした、の、TDKRでの象徴的なワンシーンを切りとったファンメイドポスター。
オフィシャルと言ってもいいくらいの、これはいい出来です。
c0018492_15325250.jpg

by wtaiken | 2012-08-22 15:33

<< シンクロニシティ? その後の後のダークナイト ライジング >>