その後の後のダークナイト ライジング   

詩と批評の「ユリイカ」8月号がクリストファー・ノーラン監督特集です。
それにしても「ユリイカ」なんて買うの誰特集の何年ぶりのことだろうかしら? 「高野文子」?「山田風太郎」?
c0018492_223256.jpg

こうして監督個人で一冊特集が組まれるのは初なんじゃないでしょうか。かなり読み応えがあり、って時間がなくてまだぜんぜん読んでいないんですが。
ノーラン監督全作品インタビューはもちろんのこと、「龍馬伝」「るろ剣」監督の大友啓史や宮沢章夫などが寄稿してます。TDKRファンの方は、是非。


そういえば公開とともにニュースソースも少なくなって、それでもボチボチリリースされているセットフォトなどいくつか久しぶりに紹介です。
c0018492_2371820.jpg
もちろんCGではなく、実際に飛ばしてます。そりゃワイヤーには吊られているけれども。
c0018492_2375577.jpg
新しいバットケイヴは、思っていたよりシンプルで無駄のないデザインでした。個人的には、もう少しギミックがあってもよかったように思ったけど。
c0018492_2392448.jpg
バットマンがボッコボコにやられるところは、これはステディカムか? あまり大掛かりでないところを見ると、これはカメラリハーサル?
c0018492_2415132.jpg
出たね、つかみはOKなプロローグ撮影シーン。
c0018492_2433223.png
c0018492_244272.png
あ、2人のいいシーンだ。
c0018492_2471195.png
それにしてもジョナサン・クレインは最高!でした、ノーラン監督のキリアン・マーフィー and スケアクロウ愛が十分堪能できて。セリフも「ダークナイト」んときより、5割増くらいはあったかな?

by wtaiken | 2012-08-03 02:49 | 蝙蝠男の孤高の戦いは続くのか

<< 旅ビト・コルレオーネ ライジング その後のダークナイト ライジング >>