新しいスチルやら新しいクリップやらマーチャンダイジングやら   

いよいよですぞ!と。
「ダークナイト ライジング」日本公開まで15日! 前日の先行があるから、そうすとあと14日! 二、二週間後ってか、おい。
全米公開なんか、もう一週間後だよ!
4日後の16日にはNYCプレミアだし、って、もうかれこれ「ダークナイト」公開から4年経つのかと思うと、ちょっと感慨深いものがあるなあ。

トーク番組でのメインキャスト・インタビュー動画なんかもかなりアップされていて、公開前プロモーションも大詰め。まあ興味ある方は、YouTubeで検索してみてください。

それはそれとして、これは「エンターテインメント・ウィークリー」の最新号表紙。
c0018492_2593341.jpg
赤いバックが新鮮です。

関連本もぼちぼち発刊されてい、その中からかなりのネタバレなスチルが散見されます。それはどうなの!というものは載せないことにしますが、それにしてもネタバレ情報を含みますので、いつも通り「それは困る!」という方はご退室願います。





ちょっと行間を空けて...と。





ま、ロンドンプレミアゲストのメンバーに入っていることだし、出演は確実なジョナサン・クレイン、キリアン・マーフィーasスケアクロウの出演場面の一枚。
c0018492_3134699.jpg
ベイン軍団支配下に敷かれたゴッサムで裁判が行われるようで、おそらくゴードンも罪人として裁かれるみたいな感じですよ。そこにクレインが登場するんでしょうね。


c0018492_316447.jpg
二人の背後に見えるものこそが、ラストに重要な役割となるはずです。
ほかにもバットマンVSベインの最後の闘いスチルだとか、タリア・アル・グールのスチルだとか、ま、いろいろあるんですが、それは映画公開後に。



やっぱりここにトム・ハーディがいないのは、画竜点睛を欠く感じがしますが。
アンのポーズが決まった集合写真を一昨日につづきもう一枚。
c0018492_3192340.jpg



つづいて。
HOT TOYSからTDKR版バットマンと、THE BATと、ベインの発売告知間近 & 迷彩タンブラーも出るよ広告と、限定ゴードンSWATチーム版のスチルです。
c0018492_324469.jpg
ちょっと今回のバットマンの顔は厳しすぎ? 個人的には「ダークナイト」版DXの方が、このスチルを見る限りでは出来がいいように思う。
c0018492_325254.jpg
ブルースの顔は今回の方がいいようだ。一長一短。
c0018492_3255221.jpg
開発中だそうです、THE BAT。でかすぎ。
c0018492_3254181.jpg
なんでまたサーファーみたいなポージング?のベイン。
c0018492_3262799.jpg
コミコンで展示された迷彩タンブラー。
c0018492_33115.jpg
c0018492_3304923.jpg
HOT TIYSにしては、珍しく" 命 "の顔が似ていない、という。
c0018492_332833.jpg
引き画だと似て見える...? ジョーカー2.0と組み合わせるとこんなシーンの再現も可能なわけですが、これはちょっとバスかな。ベイン、キャットウーマンも今後控えているし。



さて、昨日リリースのクリップ第二弾。
ルーシャスがブルースにTHE BATを薦めるシーン。
観ていただくとわかると思うんですが、TVスポットにあったシャッターが開くところの、切り返しのこの画がありません。
c0018492_335433.jpg
ノーラン監督は、これまでも本篇には不採用のカットをトレイラーのみで公開、ってことをよくしています。
今回もこれに限らず、トレイラーやTVスポットの中にかなりのアウトテイクがあるんじゃないかと思われます。


ベイン軍団は、ここから迷彩タンブラーを盗み出すわけですね。

by wtaiken | 2012-07-13 04:01 | 蝙蝠男の孤高の戦いは続くのか

<< セリーナ・カイルとキャットウーマン ジョン・ブレイクとゴードンの出会い >>