<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

「ダンケルク」観てから1日たって   

これを映画評価の基準としているわけではないけれど、ブックマークしてアクセスしやすいからついつい気にしてしまうYahoo!映画のユーザーレビュー数が、大々的に行った試写プロモーションのおかげもあってか公開前にして早191件と、この作品への注目度の高さを示す数値となってい、しかもレビューは書かずに星勘定による点数のみの投票は映画公開後に反映されるらしく、合わせて評価総数いまのところ 334件ということは、9日公開以降に現状で約140件の、そしておそらく日に日に今後ますます増え続けるであろう評価が加算されることとなって、さてどれくらいの星勘定で「ダンケルク」評価が安定してくるのか、ノーランファンとしては興味津々なところなんだけれど、これまでのノーラン作品と比較して予想するならば、ダントツ高評価「ダークナイト」の4,42を越えるのはまず無理だろう。つづく「インターステラー」の4.19もまあ無理だ。おそらくはこの「インターステラー」4.19と「ダークナイト ライジング」4.12評との間に落ち着くんじゃないか、というのが私の予想。もちろん締め切りがないものなので、この世の続く限り評価数は増え続け、点数もまたいつまでも変動するものなんだけれども。
ひとまずは公開後にまず今の評価4.05から一気に高くなるものと予測。そのあとちょっとずつ点数を落ちしていく、というのがこれまでのノーラン映画のたどる評価筋道。つまりまず公開後はノーラン信奉者がどっと繰り出しどっと評価し、つづいて割りと平常心な映画ファンがそれなりの評価をし、公開日からズレルごとに、あんまし興味はなかったけど一応押さえとこか的な超フラットもしくは斜に構えた観客による評価が加算されるという流れかと。ちなみに私はもちろん5つ星を点数だけ投票!

だとすると「ダンケルク」は文句なしの絶賛評...かっつーとこれがそんなことはなくって、公開後当ブログにて詳細を語る予定の映画評では、ノーランが選択したある2つの手法による利点と欠点両面を指摘したいと思っているのだ。
て、おいおい、絶賛しといてデメリットを指摘するなんて、さも私はダメなところもわかった上で高得点を上げてますよ的な、ひとつ高いところから見ているような、なんだか鼻持ちならない奴だなあ、なんて思われる方もおられるかもしれないが、ま、その通りです。いやそうじゃなくて。
いうなればこれまでのノーラン作品の多くに言えることが、「完璧な映画」なんて一作もないということ。あそこはダメ、あそこは気になる、なぜそこを描かないのか、あれやこれや数え挙げればキリがないくらいダメなところが多々ありつつも、あんなところがよかった、その描写がグッとくる、キャットウーマンのボディスーツを観られただけでOK的な、いいところの力が私には強すぎて、欠点をカバーして余あるというか、そんなこたぁどうでもいいじゃないかの心境になってしまうのだ。つまりはダンケルクもまさにそれ。個人的にはあまりにも美しいワンショットに心動かされて傑作と判断してしまうなんていくらでもあるわけで。それが映画だとも思うしね。

なので、ネタバレは極力避けるつもりの「ダンケルク」評、お愉しみに。

さてさて映画を観たおかげで、大手を振って「ネタバレ」表示も気にせずYahoo!映画ユーザーレビューを読めることになって、私として気になるのは、やっぱり低評価の星1つや星2つをつけているレビュアーが一体なにをどう指摘しているのかという点。高評価はどうでもいいんだ。まず大概褒めそやすところは一緒だからね。曰く「迫力」だの「臨場感」だの「緊張感」だの「リアル志向」だの「戦場に叩きこまれる感覚」だの。異口同音てなところでしょう。
ただ低評価、特に星を1つしかつけないレビューアーがなにをどう評価するのかが非常に興味をそそられるのだが、正直その多くは個人的な嗜好性に起因する評価でしかなく、あまりうならせられるほどの「いいとこ突いてきやがって!」なものはいまのところ皆無、に近かった。1件だけ、そうそこを私も指摘したい!ってレビューがあったけど、それは公開後の映画評で書くことなので、いずれ。
低評価レビューの多くはただもう「面白くない」という感覚的なものと、「淡々と進む」「筋がない」「ストーリーがない」といった類いの指摘。
「面白くない」という評価、こればっかりはもう何も言うことはありません。そりゃ仕方ない。どんなものにも好き嫌いは人それぞれだから。ただしこの映画に「筋がない」「ストーリーがない」や「淡々と進む」という評価については、これは申し訳ないが、そう指摘した人の映画リテラシーが足りないんじゃないのか、と私は言いたい。ベタなセリフ劇で説明しないと物語を感じとれないというのでは、もうちょっと情けない話だ。この映画には、もちろん歴とした筋もストーリーも起伏もあるしね。

あと音楽の指摘も多く見受けられた。ハンス・ジマーの音楽がオーバーで耳障り。これは個人的にはちょっと頷ける。何度もブログで言及してきたように、事前に一部映画館の予告篇枠で観ることが出来た5分間フッテージ映像の、音楽やメロディーは一切なくてただただ秒針が進む音だけのサスペンスが最高だと思っていたので、ほぼ全編に渡って貼付けられた音楽はちょっと饒舌すぎだったな、と確かに思う。サントラを聴いて、これをどう料理してくれるか期待した分、余計に気になったのかもしれないが。

それとこんな評価も。
「夜になったり、かと思うといきなり昼だったり。時間軸がバラバラです」。

あのー、もう一度よく映画の冒頭を観て、構成を理解してから書きましょうね。
ただ確かに、一回観たきりでは理解できない人も出てくるんだろうけど。

「こんな戦争映画をつくって、大衆がこれを支持している限り、戦争はなくならないな」。

なにをかいわんやだ。なにをとんちんかんな感想を述べているのだ。これが戦意高揚映画だとでも? 

...と、逐一人の意見にもの申して何様のつもりだ、なので、ここまでにしておいて、ってかなり十分でしたが。


ちなみに5分間フッテージは、ある一部を5分間切り出した映像ではなく、いいとこどりの編集した映像であることが映画を観るとわかります。
「ダークイト」の予告篇に使っていたバットポッドで光の中へ走り去るカットが、よもや映画のラストカットだったとはな! くらいの、5分間フッテージにはクライマックスへの肝腎なシーンが入ってたんだよねえ...って、これまた観ていない人にとっては消化不良の書き込みで失礼。

映画を観終わってから、昨年から3本に分けて公開された予告篇も改めて見直してみると、これまでのノーラン予告編に共通の、アウトテイクが今作もかなり使われてました。みなさんも観終わった後、予告篇をもう一度観てみてください。ああ、こんなシーンはなかったなあーと確認してみるのもまた愉しからずや。

ではまた。


by wtaiken | 2017-09-07 00:38 | Comments(0)

「ダンケルク」公開まで「5」がとんであと4日!のはずが!   

私的には本日をもってカウントダウンが「0」になっちゃいました。
ありていに言えば、つまりたった今、としまえんIMAXにて「ダンケルク」鑑賞!

なんだかお恥ずかしい限りだが、9月9日の公開日までバタバタせず心静かにその日を待つ宣言をしておいて、本日5日全国で行われたIMAX試写会が、平日だからか、公開まであと数日前のことだから無理せずになのか、正規のIMAX映画鑑賞代より安価出品のままさほど値が上がらぬまま某オークションサイトにて落札してしまい、意気揚々と、ほんの半歩くらいだけ早く観てきてしまったわけで...あのー、どーもすいませんでした! って、なんで謝るのか自分でもよくわからないが。
そんなわけでカウントダウン企画も今日まで! 達成はできなかったけど、日々更新のプレッシャーからも本日をもって開放、と。

さて今日の試写会、招待状1枚につき2名まで入場可能ということで、多くが男同士の2人連れかと思いきや、ノーラン作品では珍しく女2人連れが多数見受けられた反面、カップル参加は少なかったです。見渡したところほぼ満席だったかな。で、IMAX紹介映像に続いて、予告篇もなく定刻ピッタリに開始。ワーナーロゴ、そしてSYNCOPYロゴ、そして...

と、そんな試写会自体の詳細はおいて、手っ取り早く知りたいだろう「ダンケルク」の気になる感想は果たして如何に!?

...で、いろいろと詳しく書きたいのは山々なんだけど、フライングはせずに、ここはひとまず9日の公開を待って、今日のところは簡潔に、率直に感想を言うとー

面白かったよ!
そして戦争って容赦ねーなー、と。
その残酷な世界にありながらも映像が美しすぎる映画だった。

なんかもうそれで十分って感じ。特に戦闘機をとらえたショットのすべてが美しすぎる! 特にメッサーシュミットが煙りをはきながら墜落していくところの美しさたるや! ダンケルクの海岸線を飛ぶスピットファイヤーの横移動ショットなんてこれマジで実写かいっ!?て感じだし。それに限らずもうすべてのショットにおいて、実写であることの最高に美しい映像をたっぷり堪能せてもらったというか。

相当期待して観に行ったわけだけど、これに十分に答えてくるあたり、やっぱさすがだわ、ノーラン。
大概期待とすぎると普通の出来の映画でもガッカリしてしまいがちだけど、そうはならない、そうはさせないノーラン・マジック。
これで9日公開後もリピート決定! まずは都内最大級品川IMAXで2回目を鑑賞し、次は丸の内ピカデリーのフィルム上映で3回目と、ここまでは確定だな。

ただこれがノーラン史上最高傑作かというと、それは今のところは「?」。
詳しくはまだ書かないけれど、宣伝文句にある "タイムサスペンス" という点を期待しすぎると、かなり肩すかしを喰らうんじゃないかな?
あと音楽はサントラからどう劇伴に昇華されるかと期待した分、そこは単調で期待はずれだったかも。
このあたりのことは、公開後に、もう少し詳しく書くつもり。

と、今日は観たてのホヤホヤ第一報ということで、これくらい簡潔で。あ、でも最後にもう一言、声を大にして言うとー

トム・ハーディ、カッコよすぎだろ!

いやはや、しびれました。

by wtaiken | 2017-09-05 22:51 | Comments(0)

「ダンケルク」公開まで「7」がとんであと6日!   

週末はどうしても子供との時間にほぼ1日とられるので、「三日坊主」のひそみにならったわけではもちろんなかった「あと7日!」の更新ができず、いよいよ今週末の公開まで残り6日となりまして。いよいよ "そのとき" が刻々と迫っていて、なんだかタイムサスペンスの「ダンケルク」を地で行く感覚の毎日ですが、カウントダウンの4回目の更新でもってついにネタも尽きたな、と。もうないんかい! と我ながらビックリだが。

で、どうせ「ダンケルク」の記事ネタじゃないならいっそ思い切り違う話題にしてしまおうかと、そんなわけで本日は「ダンケルク」と縁はないものの、9月9日同日に公開される黒沢清監督最新作「散歩する侵略者」のことでも書こうかなって、「ダンケルク」ネタを求めて訪問された方にはホントすいません。

黒沢清。邦画界では数少ない、新作を期待してしまう監督のひとりだ。
どうもフィルモグラフィー全体がYahoo!映画のレビュアーからは冷遇されている感じだけども、前作「クリーピー」は、正直 "例の部屋" があからさまに映像に出てくるまでは本当にその先にある見えざる恐怖に心から震え上がったものだ。が、求心力はそこまでで、案外すべてが明瞭に実体が見えてしまってからは、枯れ尾花ではないけれど個人的な失速感は禁じえず、近作の「リアル」といい評価が下がりつつある監督ではあるものの、やっぱり新作となれば気になる。

そこでまずは簡単に新作映画の紹介を。
「散歩する侵略者」。このタイトルだけを拝見すると、なんだかウルトラセブンの影響かと思ってしまうし、「地球侵略」というテーマもまたあまりにもセブンなこの映画、もとは小劇場舞台の映画化なんだそうだ。
劇団イキウメ。10年ほど前までは小劇場演劇に片足浸っていたとは思えないくらい演劇事情に暗いので、もちろんまったく知らない劇団だ。近年こうした舞台劇の映画化が盛んに行われているが、昨今の邦画界ではオリジナル脚本が通りづらいんだろうかね?

さて、手もとにあるチラシを基に「散歩する侵略者」の内容をかいつまむと以下の通り。

「数日間行方不明だった夫がまるで別人のようになって帰ってくる。突然会社を辞し、毎日散歩に出かける夫。そして夫から衝撃の告白を受ける妻。「地球を侵略に来た」。当たり前の日常は、ある日突然に終わりを告げるのだった。」

侵略者に乗っ取られた夫に松田龍平。夫婦再生に奔走する妻に長澤まさみ。予告篇で「オレさ、ホントは宇宙人なんだ」などと告白する松田龍平の姿も確認できるわけなんだが...

以上の簡素な情報をもとに、下にアップロードしたスキャニング画像のチラシ、TOHOシネマズ作成の「公式アプリで特別映像を観てもっと映画を楽しもう!散歩する侵略者」というもの、これをとくとご覧いただきたい。


これがどうした? 字細けえし、なんだかわかりません、というなかれ。
重要なのはチラシの頭3行文。というか2行目。
「ある日、夫は妻に告白される。「地球を侵略しに来た」と。」
ん...? なんかおかしかないか?

逆じゃね? 「夫」と「妻」が逆なんじゃね? 乗っ取られるのは「夫」じゃね? チラシのストーリーにもそうあるし。 "侵略しに来た" と告白するのは「夫」じゃね? チラシのストーリーにもそうあるし、予告篇でもそうだし。

つまり、あのー、これ、
「ある日、妻は夫に告白される。」
んであって、あるいは
「ある日、夫は妻に告白する。」
んじゃないでしょうか。


このチラシを映画館で手にしたのは1ヶ月ほど前のことなので、もしかしたらすっかり跡形もなく、この間違ったチラシは回収されているかもしれないけど、まんままだこのまま配布されでもしたら、大問題っすよー! TOHOシネマズさん! 世界の黒沢が怒りますですよ!

...とまあ、今日はこんな挙げ足取りな話題で、ダンケルク話題 0%で、本当にどーもすいません。

c0018492_21464919.jpg



by wtaiken | 2017-09-03 22:05 | Comments(0)

「ダンケルク」公開まであと8日!   

もう無理だわっ! 観てない映画を肴に記事を書き続けるなんてっ! という毎度の愚痴からスタートします。

30日? (だったかな?) にYahoo!映画のレビュアー限定試写会が行われたようで、昨日辺りから「ダンケルク」ユーザーレビュー数がグンッと増え、想定範囲ではあるものの、おおむね5☆満点中およそ5から4評価に集中している。
レビューを書いている本人がネタバレとは思っていなくても、ちょっとした描写がともすると思い切り重要なストーリーに抵触しているかもしれないのでほとんどに目を通してはいないが、公開後にそれらレビューを片っ端から読みあさっては「なに言ってんだいこの人たぁ!」だの「おお、そうだそうだその通りだ!」なんて一人ごつ愉しみもまた「インターステラー」以来の3年ぶりということか。

できることなら今度こそ積年の夢を叶えるべく、大阪まで日帰りでもいいからエキスポシティに赴き、次世代IMAXの巨大スクリーンでこの映画は体感したいところではあるのだが、そんな映画道楽で身上をつぶすわけにもいかず、毎度毎度恨みがましいことだが、2019年オープン予定の池袋にできる次世代IMAXシアターのリバイバル上映を待つことにしようかと、つくづく残念なんだけれども。
ちょうど2年後の2019年には次なるノーランの新作が公開されているかもしれないし、なんにせよノーラン作品は「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」「インターステラー」、そして「ダンケルク」とIMAXシアターには欠かせないソフトが多いので、100%オープン後にかかるはずだから。

おっとそういえば、9月9日に日付が変わった午前0時から1夜限りのオールナイト爆音上映会「ダンケルク公開記念 爆音前夜祭」が新宿ピカデリーで行われるんだそうだ。ラインナップは日本では最速上映となる「ダンケルク」に「インセプション」「インターステラー」の3本興行で4.800円。なにせ「インターステラー」があれなもんで、0時にはじまり終わるのがなんとまあ朝の7時30分だっつーんだから、かなり気合い入れて観に行かないと、爆音じゃなくって爆睡なんてことになりかねないですぞ。
私はプログでも触れたように、公開に先駆けて6月末に行われた品川IMAXのリバイバル上映で、ちょうど「インセプション」と「インターステラー」の2本をともに久々に劇場で観てしまったので、"爆音" とはいえ耐久レースのようなこの企画は今回はパスだな。

さて今日はこんなところで。日に日に内容がうすべったくなってきたなあ...。
あんまりなので、クリストファー・ノーラン作品群の4K UHD情報を。

現状リリース情報として明示されているのが、オーストラリア。日本では公開前の「ダンケルク」が、早くも年末には4K UHD/BDとして発売され、どうやらそれに合わせて同時発売されるらしい。発売されるのは「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」「インセプション」「ダークナイト ライジング」「インターステラー」で、12月6日発売予定。残念ながら北米や日本ではまだ発売未定。公開が2ヶ月遅れの日本では、「ダンケルク」自体のソフト発売がずれるだろうから、それらフィルモグラフィーもまた2ヵ月遅れの来年2月あたりに発売されるといいんだが。
このあとの余生で観る回数を考えると、もうあまり観なかろう「インセプション」はおそらくパスしたとしても、ダークナイト・トリロジーの3作と「インターステラー」は外せまい。それにまだ未見のくせに4K UHD購入決定の「ダンケルク」と合わせて計5枚という散財に、こりゃ今からノーラン4K UHD貯金をはじめなきゃ、だわ。
新しい特典がつくか否かも興味津々だが、過去作6枚BOXが出たらそれにしちゃうかも! 
どれくらいクリアな画像になるのか、こっちの方も今から愉しみだわい。

by wtaiken | 2017-09-01 22:58 | Comments(0)