カテゴリ:犬の子育日乗( 4 )   

I AM YOUR FATHER   

1974年頃に全国の小中学生を中心に席巻したスーパーカーブームとやらもまるで門外漢だった自分にとって、自動車や電車に興味を示すことなどそれ以前も以降も ”これっぽっちも” なかったのだが、一般的に人曰く「子供はみんな自動車、電車が好きだよねー」なんだそうで、なるほど我が家でも親の遺伝子が通説に屈した体で、今年9月で3つになった我が子は、”走る、飛ぶ" すべての乗り物が大好き、一時期は保育園の帰る道すがら自宅前の目抜き通りを行き交う自動車やバス、バイクなどを飽くことなく眺めていたものだが、ロケで訪れた富山のホテルロビーで売っていた路面電車ポートラムのチョロQをお土産にしたところ、以後すっかりミニカーというやつにはまってしまい、どんどん買い与える親バカも手伝って、すでに一大コレクションを築きつつあったりする。
c0018492_8364061.jpg
実物の富山ライトレール "ポートラム"


細君の勤める (我が子の通う園とは別の) 保育園では、アンパンマンや機関車トーマスなどといったキャラクターグッズは一際置かないルールがあるらしく、保護者からお下がりに貰い受けたものの行き場の失った大量のカーズトミカを、だったらと我が家で引き取ることになり、そのコレクターにとってみれば垂涎の宝の山から様子見にひとつ、子供のチョロQコレクションに秘かに混入してみたところ、「これ、なんで目目ついてるの?」と軽く興味を示す程度にはじまって、映画では準主役のレッカー車キャラ "メーター" をニの矢として放ったところ、それが彼のどストライクゾーンにそれがはまったらしく、以降興味の矛先は「カーズ」一辺倒となった。
c0018492_842052.png
向かって左が実物のレッカー車 "メーター"

ピクサー長編アニメ「カーズ」は、擬人化された乗り物、主にクルマのキャラクターで構成された世界の話で、生意気な新進気鋭のレーサー "マックイーン" (向かって右の赤いやつ) が図らずも立ち寄ってしまった田舎町ラジエーター・スプリングスの住人 (住車?) たちと触れ合ううちに人間性 (車間性? ってなんだよ、あー面倒くさい) を取り戻すという、よくある成長譚をモチーフに、身振り手振りの限定されたクルマキャラで如何に活き活きと感情を活写できるかという命題を見事にクリアした、ウェルメイドなアニメーション作品となっている。
その後2011年につくられた「カーズ2」では、そういった人情味ある牧歌的なストーリーから一転して突如スパイもののパロディー作品となって、クルマから翼が飛び出しては大空を自在に滑空するという、ロジャー・ムーア時代のボンドカーかよ! な、ルール無用のなんでもありの世界にしてしまうと失敗する格好の例となってしまったが、乗り物好きの子供たちにしたらそんな映画の良し悪しなどおかまいなく、今だキャラクターグッズが大人気で、メーター主役の短編アニメシリーズもつくられたりし、いよいよ満を持してのパート3製作が決定した、ピクサーにとっては「トイ・ストーリー」に次ぐ人気コンテンツだったりする。


ところで、私の部屋は、仕事中は子供の立ち入りを厳禁にしているのだが、そんなことにお構いなく子はズカズカと部屋に入ってくる。
そんな彼があざとく見つけ「なんだこれ。」と指差したショーケースの中に飾ってあったのが、ごついカタチの戦車のようなクルマ、そう「ダークナイトトリロジー」に登場するバットモービル、通称 ”タンブラー” というやつだ。
c0018492_8483556.jpg


私にしたら、それは数あるバットマン絡みのグッズのひとつでしかなかったが、乗り物好きからすればチョロQやトミカと同等の、遊ぶことを本来とする自動車のおもちゃなのであり、なるほど改めて自分の部屋を眺めてみると、そのバットモービルをはじめ、スター・ウォーズやウルトラ絡みのビーグルなどなど乗り物がいっぱいの、子供にとってもお宝の山積み状態だった。

「ちょうだい。」「ダメだ、これはお父さんのだ。」「くださいな!」「敬語を使っても、ダメなものはダ〜メ!」といった押し問答の末、仕方なくコレクションの中からダブっている、大きさの異なるタンブラー2台と、「ダークナイト」で登場した無駄を削ぎ落した骨格のようなバイク、バットポッドを、「あげる」ことで他には手を出さないという交渉がひとまず成立した。
そのミニカーを手にした我が子は満足をし、「タンブラー」と言えずに、まるで人の名前のように「タムラー!タムラー!」と悦んで遊んでいる。

が、しかし、まだ3歳の彼にとって「他のものは欲しがらない」という約束などあってないに等しく、いずれは勝手気ままにケースの中から他のミニカーやらフィギュアやらを取り出そうとすること必至なので、扉を簡易にガムテープで固定するという応急処置で、我が子には「これは開かないのだ。」と強く言い含めておいた。

以後なかなか聞き分けの良い我が子は、部屋に来る度ケースの中の、あきらかに自分のものより出来の良い、そして数倍も大きい模型をしげしげ眺めては「おとうさんのタムラーかっこいいね。」とうらやましがり、そして「ここ開かないんだよね〜?」と確認するようにガタガタと扉を揺らすのだったが、3歳児の非力ではたった一枚のガムテすら引きはがせずに、やむなく撤退をしている。
いずれ成長をし、このケースの扉がたった一枚の短いガムテで塞がれていたことを知る日、彼は一体はどんな顔をするのだろうか。ホレ、実はこんなに簡単に開いてしまうのだよ、すまんな、我が子よ。


さて、今年の特に夏からこのかた、すっかりスター・ウォーズイヤーにも拍車がかかってき、シリーズとしては10年ぶり、エピソード6からの続編として数えるなら実に約30年ぶりだもんだから、市場もここぞとばかりに「乗ったれや」とお祭り騒ぎ、フィギュア、おもちゃ、関連書籍は言うに及ばず、アパレル、ステーショナリー、ドリンクにスイーツ、ボックスティッシュなどの日用品に至るまで、ありとあらゆる関連グッズが発売され、そんな騒ぎについつい私も踊らされて、気に入るか気に入らないかまだ未知数の新作「フォースの覚醒」グッズが、渡しの部屋の限られた空間を所狭しと席巻しつつあっては、ズカズカ踏み込む我が子の目に留めるなという方が土台無理な話だ。

子供としては家でのんびり過ごしたいであろう毎朝の登園のための着替えに、これまでは彼のフェイバリット・ソング (に、いつの間にかなっていた) 谷啓の「愛してタムレ」を聴かせて弾みをつけていたのが、おかけで「スター・ウォーズ」のメインテーマおよび「帝国のマーチ」にとって変わってしまい、園でも「愛してタムレ」につづき、メインテーマを元気よく独唱するほどのスター・ウォーズ耽溺っぷりだ。
ある意味わが意を得たりとばかりに、毎晩読んでく聞かせている絵本「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」に描かれているキャラクターを憶えさせるという英才教育をすでにはじめている。
c0018492_8553221.jpg

字数の多い「ストーム・トルーパー」だけはどうも曖昧にしか憶えられないようだが、ダース・ベイダーをはじめ、ルーク、ハン・ソロ、C-3PO、R2-D2、ヨーダあたりのメインキャラ、さらにはランコア、デューバック、ガーモリアン・ガードなんていう、よっぽどのファンじゃなけりゃ空で言えないキャラクターまですっかり容姿と名前が一致している。

ディズニー傘下に入った新生スター・ウォーズは、「フォースの覚醒」を皮切りに、来年末には初のスピン・オフ「ローグ・ワン」、2017年夏にはエピソード8、2018年には若きハン・ソロの活躍を描くスピン・オフ、そして2019年には新トリロジーの完結篇と、つまりここしばらくは年に一本ペースでスター・ウォーズの新作が観られるという夢のような数年間が続くわけで、願わくはまだ「映画」という存在さえ知らない息子と、ゆくゆくは「親子でスター・ウォーズ」の映画館をデビューさせたいものだと、そんなことを画策している昨今なのだった。

c0018492_8275547.jpg
「私とその息子 (3才) 」。見てぇ、彼の靴、カーズのマックイーン仕様なの!

by wtaiken | 2015-12-11 09:01 | 犬の子育日乗 | Comments(5)

大吉と出たが。   

新年の挨拶を省いたのは他ならぬ私が喪中にあるからで、本来ならば差し控えるべき慶事であるとも知らず新春の日差しにほだされて、のこのこ近所の神社へ詣でてしまうという粗忽な親を持った、不憫なのはこの子でござい。という写真。ひさしぶりに私の子育てぶりをご報告という。
c0018492_2125562.jpg

ちなみに引いたみくじは「大吉」と出た。

その神社の階段をえっちらのぼっている、まるで子が見えないけれど、ダッコひもデビューの図なので。ついでに。
c0018492_2155768.jpg


そういやオスカー、TDKRは完全無視のゼロノミニーでしたな。

by wtaiken | 2013-01-12 02:23 | 犬の子育日乗 | Comments(1)

犬の子育日乗   

5日の金曜日、わがジュニア、ここでは "子犬" と称することにするが、の、生後1ヶ月検診が行われ、別診察がある家内が先に病院へ行き、その診察終了に合わせ受付で合流するという算段なので、その間、といってもわずか数時間ばかりのことだが、私ひとりで子犬の面倒を見なければならなくなった。家人が出かける前たっぷりとミルクを飲ませたおかげで出かける前までスヤスヤとおとなしく寝ていたものが、寸前になって爆発的に泣き出し、これまでほんの数回しかしたことのないオムツ替えに往生しつつなだめすかし抱きかかえ、病院目指しこれが初の我が子とのおでかけと相なった。

病院へ行くには、皇居までの目抜き通りを反対側へ渡りタクシーをとめなければならない。子犬は、一度家内が連れ出しているが二度目の外気に身を固くし、険しい表情のままピクリともしない。
信号では信号待ちをしている大量の女子高生に遭遇し、「ちょーかわいいんですけど!」的にモッテモテだった。とてもいい気分だった。

1ヶ月検診はなんの問題もなく、先生に「髪がフッサフサだねー」などと言われ、看護婦さんからも「こりゃ元気でちゅねー」と言われ、確かに順番待ちをしている幾人かの新生児と比較すると、圧倒的に我が子は全体的にジャンボだ。まあ顔のでかさは、申し訳ないけど私のDNAなので仕方ないけど、カラダそのものが他の子らの「いかにも赤ちゃん」的容姿とは異なり、なんだか堂々たる風格をすでに備えている、と見えているのは、単なる親の欲目か。

病室が同じだった子もその日に1ヶ月検診で、顔もカラダも子犬より数段小さいその女の子をジーッと見つめる我が子。早くも嫁探しだろうか。

そんなわけで、「子育日乗」としてカテゴリ分けをしてみた。これからもちょくちょくこのネタも更新予定。

以下近影。
c0018492_3115554.jpg
かみさんが沐浴させているところを、私は記録係として参加。
私は中学時代ウルトラセブンのカプセル怪獣「ミクラス」に似ているなどと言われたものだが、こうして見ると血は争えないもので、同じウルトラ怪獣の「ガラモン」につくづく似て見える。
c0018492_315875.jpg
フッサフサと言われた髪は、乾くとそれなりにしゃんとしているが、洗い立てではこんな感じ。
c0018492_316962.jpg
私もかなりの天然パーマだが、やっぱり髪質も遺伝だろうか。
最後は腹のうえに乗せてみた。
c0018492_317326.jpg
別に泣いてはいないぞ。

by wtaiken | 2012-10-07 03:18 | 犬の子育日乗 | Comments(4)

犬と子育て   

犬のお産は軽く、また多産であることから、安産や子育てに御利益があるといわれ、だからといって私が演劇をする際に使い、現在もこのブログでのみ使用している"会田犬"という名は、もちろんそんなことには一切関わりはなかったのだったが、織田信長の昔とあらばあと2年で人生を全うしなければならないこの歳になって、ついにジュニアが誕生した、というのがここ最近の「公私ともに忙しい」の"私"だったわけで、なんだか育児に最適かつ験のいい名前、ということに相成ってしまった。

まだまだ書くことはあるけれど、いずれ「ダークナイト ライジング」に関することもネタ切れになることだろう。そんなバットマンを中心とした映画情報を得ようかとこのブログを訪問してくれている方にとってみれば、どうでもいい私の子育てに関する記事を、そんなわけでたまには書いてみようかと。

これまでほとんど私生活に関することは、演劇や仕事の話題以外ほとんど書いてこなかった私も、さすがに人生の一大事の前ではごくごく一般のお父さん化してしまうことがよくわかった次第。
普通の人でした、私。

そんなわけで、ダークナイト記事を期待している方には「知らねーよ、そんなこと」な子育てブログの第一回目、そして数十年後にはこの「旅ビト・コルレオーネ」の二代目管理人として、何度目かのリブートバットマン映画の記事でも書いてもらう予定の、なんとも壮大なプロジェクトのはじまりだ。

ちなみに我が子は9月7日生まれ。男の子。
今日のところは明日も早朝から都内ロケだったりするので、我が子の写真をただただ掲載するという親バカっぷり。どうですかみなさん、こんな私は。

c0018492_2215613.jpg
生まれたその日の犬の子。
仕事終わりの遅くに、新生児とだけは夜深くても対面できるシステムに、子にとっては迷惑なことだったろうが、寝てるってーのに写メパシャリパシャリ。
c0018492_2234684.jpg
三日目にはもう一端の面構えに。目がパッチリしてい、私の冷ややかな三白眼は似なくてホッとしている。
c0018492_2244787.jpg
めずらしく自分のブログに、ご本人登場!だ。決しておばちゃんではない。抱きなれていないから、少し及び腰な感じが我ながらする。
c0018492_2271726.jpg
4日目の犬の子。生まれた日と比べると、やっぱり変化している気がする。

こんな記事書いて、途端にドッと訪問者が減ったりしてな。ま、それはそれとして、ではまた。


→→→今日のおまけ

さすがに親バカ記事だけではおさまりが悪い。

キャットウーマンに引き続き、どこぞのイベントでついにHOT TOYS製THE BATのお披露目です。
c0018492_2211437.jpg
c0018492_22112799.jpg
1/6スケールのバットマンが32㎝。それがスッポリコックピットに収まるってーんだから、その大きさたるや!
日本の住宅事情ではとても受け入れがたい商品。

しかしバットマンの座る上部シートにキャットウーマンを乗せれば、出会ったその日のゴッサムシティーナイトクルージング&ランデヴーを再現できますぞよ!
あのときキャットウーマンは、このTHE BATに乗りながら、すでにバットマンに恋してしまったんだろうな!

by wtaiken | 2012-09-18 22:19 | 犬の子育日乗 | Comments(4)