カテゴリ:目指せ、針すなお!の似顔絵塾( 4 )   

「目指せ、針すなお!…」嫌われる女篇   

先日昼時に「笑っていいとも!」をぼんやり観ていたら、火曜レギュラーのローラに突如ピン!ひらめくものを感じ、矢も楯もたまらず持っていた箸をペンに替え、最中の食事をうっちゃり似顔絵描きに突入したのだった。

もとはといえば、テレビドラマ「江戸川乱歩の美女シリーズ」をレンタルDVDで立て続けに視聴しているとき、ちょっとしたダレ場に手もとにあったペンで明智小五郎演じる天知茂の顔を戯れに描いてみたら意外とうまいこといってしまったことがキッカケで、せっかくだから続けてみるかと、後づけで似顔絵描きの第一人者針すなおを目指すことにしたこのコーナーも不連続的に継続中の、今回が久方ぶりの4回目、きっかけの明智・天知茂から同シリーズの浪越警部・荒井注、いわずと知れた勝新太郎といえばお馴染み座頭市に続いて、これまでの格別濃い劇中キャラを描く系統からはかなり逸脱した、4人目にして初の女性タレントということに相成った。

それにしてもこれまでとは描く人物への思い入れが雲泥の差だ。
おそらくどこぞの雑誌モデル出身なんだろうくらい曖昧な認識と、なんとなく見知っていることといえば、キャリアの上下分け隔てなく自由奔放な発言を繰り返し、困惑する相手を尻目に勝手になんでもOKサインを出しては自己完結してしまう天然キャラというくらいのもの。なんでもどこかの機構によるアンケート調査結果によると「女性の嫌いな女性タレント」No.1だったらしいが、個人的には思い入れこそないものの、天然キャラと言われるあれはあれでかなり計算されたものであり、実は頭のキレる娘なんじゃなかろうかと常々評価しているのだ。
そのローラになぜか突然「お、似顔絵イケるかも!」という意味不明のひらめきを信じて描きはじめたラフスケッチ段階から、私が如何にして自分なりの完成型にたどり着いたのかを、今回からは順を追ってつぶさに見ていただこうかと思っている。

さてその前に、当似顔絵塾の、目指すべき到達点についてここに改めて言及しておこうかと思う。

駅前や路上に陣取るプロなのかセミプロなのか定かではない市井の似顔絵作家たちに多くありがちなのが、特徴をことさらオーバーにディフォルメする画風だ。
鼻がちょっと目立っていたり、唇が少しばかり分厚かったり、おでこが人並み外れて広かったりすると、ここぞとばかりにそれを強調し、スケッチブックからはみ出さんくらいに極端に描いてしまう手法だが、あれは私の目指すところではなく、むしろ対極にあるものだ。

また、線が多く、陰影もしっかりつけた、エアブラシなんかもふんだんに使っているような、写実性に富んだ肖像画風似顔絵もまた好みではなく、私の目指すところではない。

ではどういった表現がこの似顔絵塾の到達点なのか。
それはディフォルメやカリカチュアを控えめにした、ちょっとした特徴を少ない線でとらえてみせる、一筆書きのようにササッとサインペンでなぐり描いたくせに適確にその人のラインをとらえている、それこそ私の目指す手法であり、その手法を我がものにしたとき塾としての到達点を迎えるのだ。
つまり後づけだったにも関わらず、勝手にタイトルに冠した" 針すなお "は実に我ながらいい線を我ながらついていたのだった。
c0018492_7531468.gif
※ 針すなお氏の描く王貞治だが、無駄な線のない、実に見事なタッチだ。

といったわけで、振り返ってみれば、前回の勝新as座頭市は大きく狙いからは外れているものだった。" 座頭市 "というキャラクターから劇画タッチを選択したのだったが、あれはちょっと描き込みすぎだ。完成としたあの画から、線をドンドンと引いていく作業をすべきであったなどと、形式上の猛省をしつつ、今回はなるべく目標へ向かい、線は少なめに行きたいとは思う。

それでは、まず「いいとも!」を見つつのラフスケッチから。初稿というやつだ。
なんといってもローラ似顔絵のポイントは「目」。ローラの目をどうとらえるか。イメージしたのはかつて夕方の再放送タイムに頻々とオンエアされていた" ロゼット洗顔パスタ "の目の巨大なシロ子さんクロ子さんだったのだが...。
ちなみにこれがロゼット洗顔パスタのイメージキャラ。噫、懐かしや。
c0018492_17373257.jpg

で、こっちがザクザクと描いたローラのラフスケッチだ。
c0018492_17353595.jpg
ひ、ひどいもんだよ、我ながら。不気味だし。さすがに昼食の片手間ラフスケッチだけあるし、イメージしたロゼットにもまったく似ていなかったし。
しかしこうして闇雲にポイントの目をオーバーめに描くことで問題点がハッキリした。
顔全体に対しどれくらいの比率で目を描くか、そしてそのカタチもまた重要であることがよくわかったのだ。

で、このラフスケッチをトレースし、捨てるべき線、残すべき線、新たに加える線などを整理した第2稿が、これである。
c0018492_186029.jpg
もともとローラに悪感情はもっていないので、初稿より" かわいらしくしてみよう意識 "が働いているのは明らかだが、残念なことにこの段階でもひとつも似ていないところは致命的だ。誰だお前は、だ。

ローラというよりは、中川翔子にここから似せていく方が近い気もするが、さらにこれを下敷きにトレースし、やっぱりポイントの「目」に注力して描きあげた、これが第3稿である。
c0018492_18204651.jpg
ここで一気に寄せたな、と自分でも思う。ちょっと実年齢より若く見えてしまうのは、やはり目の大きさ加減だろうか。
その大きさはともかく3稿にして目のカタチがかなり似たと判断した私は、これを基に、口の大きさ、笑ったときに見える歯を見せるか見せないか、あるいは髪のボリューム感などなど、あれやこれやためつすがめつラインを引いてはホワイトを入れての微調整を繰り返し、ここにそれなりの納得をもって、今回はこの第3稿を似顔絵の完成型としたい。

2稿段階では、3稿で似るとは思ってもみなかった。
ちなみに果敢にもう一稿重ねてみたのだが、近づいた3稿からまたずいぶんと遠のいていってしまったのだった。難しいもんだよ、似顔絵は。その似なくなった第4稿は、公開しない。

by wtaiken | 2012-06-14 07:59 | 目指せ、針すなお!の似顔絵塾 | Comments(2)

「目指せ、針すなお!の似顔絵塾」第三の男   

昨年WOWOW無料放送で勝新太郎の映画座頭市シリーズ第1作「座頭市物語」を観たのをきっかけに、レンタルが解禁されていない数作をのぞくすべてを立て続けて視聴し終わる頃合いを見計らうようにして、今度はBSフジでテレビシリーズの座頭市が連日放送されはじめ、年が明けてからは第2弾「新・座頭市」の第1シーズンがただいまオンエア中だ。

映画の1本目「座頭市物語」とつづく「続・座頭市物語」はモノクロ作品で、
若き日の勝新は全身ピリピリした刃物のごとく、演じる座頭市はなにをしでかすか得体の知れない不気味な存在であった。
以降シリーズが進むにつれ、座頭市のキャラクターは正義感を前面に打ち出した、人なつこい愛嬌のある善人へと変貌してしまうのだが、特にこの初期2作は市の存在こそが作品全体を支配するいい緊張感を生んでいるし、まだ太る前の勝新の体のキレは抜群、居合い抜きは電光石火でまさに神業、そのシーンだけでも一見の価値ありだ。
c0018492_2563631.jpg

徐々に笑いの要素も取り入れ毎回豪華なゲストを迎えながらも、シリーズものの宿命たるマンネリズムに陥るわけだが、たとえば映画化の8本目となる「座頭市血笑旅」は、その後のテレビシリーズで勝新太郎初監督作品にこれを取り上げリメイクもするほど思い入れが強かったようで、座頭市の旅に”赤ん坊”を同行させるという足枷をはめて、シリーズに新鮮みを加えることに成功している。
c0018492_2442019.jpg

他には、成田三樹夫のクールな悪役っぷりがかっこいい「座頭市地獄旅」、
c0018492_2444347.jpg

松方弘樹の父である近衛十四郎と勝新の対決がシリーズ屈指の名シーンである「座頭市血煙り街道」あたりはオススメだ。
c0018492_245629.jpg


テレビシリーズは、映画だと1時間半ほどのストーリーを凝縮して正味45分にまとめているのでテンポがよく、結局のところは勧善懲悪で、剣ひとつ抜けば向かうところ敵なしのこのスーパーヒーローを扱うソフトとしては、映画よりもむしろテレビドラマの方が最適だったのではないかとさえ思う。
またゲスト陣は映画よりも時に豪華だったりする。石原裕次郎、吉永小百合、浅丘ルリ子…これまででは田中邦衛と緒形拳がゲストの回が出色の出来で、両名ののびのびとした怪演ぶりは圧巻だった。
c0018492_241389.jpg

そしてなんといってもグッとくるのが男気満載の主題歌だ。
テレビシリーズ第1作目の「座頭市物語」では主題歌の「おてんとさん」を勝新自らが唄い、そしていまオンエア中の「新・座頭市」の主題歌「不思議な夢」は石原裕次郎。「おてんとさん」は冨田勲作曲で「不思議な夢」の作曲は"悪魔の手毬唄"村井邦彦。
似顔絵塾第一回目二回目の出典「江戸川乱歩美女シリーズ」同様、これもCD化を希望したい。

アヘン不法所持事件で打ち切りになった「新・座頭市」第2シリーズ、そして第3シリーズとこれからも引き続きオンエアしてくれるんだろうけど、もっとも期待しているのが、テレビシリーズの末尾を飾る2本を映画監督の勅使河原宏が手がけていること。これは愉しみだ。


さて話が長くなったが、本題の似顔絵だ。できればこういうスケッチ的な手法は用いたくなかったが。
この塾で自分に課しているのは、「目指せ!針すなお」のタイトル通り、針すなおセンセイのごとき整理されたシンプルな線、引き算で顔を表現し、一見すればそれを誰が描いたものかすぐにわかってしまう自己流似顔絵スタイルの発見にあるので、ちょっとこんなんじゃーなーという感じなのだが、それはそれとして、結構うまく描けたと手前味噌ながらアップしましたとさ。
c0018492_2383046.jpg
テレビシリーズは撮影期間が長いので、この似顔絵を描いた回より上のスチルは髪が伸びているようだ。
また、ごっちゃにしているが、似顔絵の参考にしたのは「新・座頭市」で、"おてんとさーんー"と勝新が唄ったのは「座頭市物語」の方だ。くどいようだが、一応。

by wtaiken | 2012-01-27 03:40 | 目指せ、針すなお!の似顔絵塾 | Comments(0)

犬の似顔絵塾改め「目指せ、針すなお!の似顔絵塾」   

"目指せ"がないと、まるで針すなお先生直々の似顔絵塾のようで、そんなタイトルをつけてしまって誠に恐縮至極だが、「え、マジかよ、あの針すなおが他人のブログで似顔絵塾ひらいてんよ!」なんぞと間違える人はひとりもいなかろうからこれでいいだろうはじめたばかりのこのシリーズ、今日がほやっほやの第2回目だが、さて…。

その曲を聴くだけで気分が高揚してしまう"アガる曲"というものが私にはいくつかあって、たとえばジョン・ウィリアムズの「インディ・ジョーンズのテーマ」。映画の出来は最悪だったが、「クリスタル・スカルの王国」の予告篇で久しぶりにあのテーマ曲がかかったときは鳥肌がたったものだ。
あるいは最新作の公開が控えている「M:I」シリーズ、われわれ世代にとっては「スパイ大作戦」というタイトルの方がしっくりくるラロ・シフリンによるオープニングテーマだとか。そういえば60年代あたりのスパイもののテーマ曲はアガり系が結構多くて、「0011ナポレオン・ソロ」もそうだし、それこそ「007」もそこそこアガらせてくれる曲だ。
と、"いくつか"どころか挙げればキリがない話なのでここいらで止めておくが、似顔絵塾第1回目にとりあげた天知茂による明智小五郎が大活躍するテレ朝「江戸川乱歩の美女シリーズ」、その鏑木創によるテーマもまたなかなかアガる曲なのだ。
知っている人にはなんの説明もいらないだろう疾走感のたまらないあの曲、実は第6作の「黄金仮面ー妖精の美女」から使われ出したテーマ曲なので、もしあの曲目当てで一本借りて観るかなんて手合いの御仁は6作以降の作品にされたし。

いまこうして制作年代の古い順に改めて観直しているわけだが、例の、通称"どおして連呼"事件をピークにし、以降それを超えてくれるぶっ飛びシーンがなく、変にこじんまりとそこそこまともな作品になってしまっているところは残念で仕方ないが、クライマックスの、変装をはがした明智の推理が炸裂→関係者が一同集う中、犯人観念の自白→明智、警察らの手をすり抜け逃走する犯人、見守られながら服毒などにより自害をとげる、といったこのパターン化されたラスト、手が届くどころか息もかからんばかりに近くにいる犯人をあえて取り逃がす段取りになっているシーンの、わざとらしいばかりのドタバタぶりは、いまのところ第10作目「大時計の美女」までは健在だ。
どわーっはっはっは、おいおい荒井注! お前犯人の真横にいてそこで取り逃がすかねー、だ。おいコラ待てー!じゃねーよ荒井注、だ。

さて似顔絵塾第2回目、とりあげてみたのはその犯人に死なれてばかりいる浪越警部、"どおして連呼"事件の渦中にもある、なんだバカやろう荒井注だ。
一見して特徴的なのは、ドリフ在籍中には他メンバーからいじられ続けていた"ハゲ頭"ではなく、ワシ鼻および常時不機嫌そうな強面をどう表現するかだった。

しばらくは正面で描いてみて何度も紙を反古にし、これは2回目にして早くも挫折かとあきらめかけていたそのとき、観ていた美女シリーズでの浪越警部の横顔に「これだ!」とひらめいての結果が、これ。

c0018492_754675.jpg
ホントに似顔絵って、一本の線の微妙な出し入れで"似る似ない"が左右される。
これが第何稿だったか覚えていないが、たとえばこれをトレースして、描き直してみたとしても、これよりは決してよくならない。むしろどんどんダメになっていく。自分なりの、これがいまの精一杯の荒井注だ。いやあ、似顔絵は難しいなあ。
つづくよ。

by wtaiken | 2011-12-03 07:18 | 目指せ、針すなお!の似顔絵塾 | Comments(0)

犬の似顔絵塾 第一回目   

テレビから一切の”おっぱいポロリ”が見られなくなってどれくらいになるだろうか。

その昔のテレビでは、とても開放的に、そして健全に、あちこちでおっぱいはポロポロしていたものだ。
なんなら家族が食卓を囲でいた7時台から平然とおっぱいはポロリしていて、たとえばポロリすることこそが番組のアイデンティティーであった「オールスター水着運動会」。番組後半のクライマックスに用意された水中騎馬戦、騎馬のうえにまたがるお色気タレントらの、ハチマキを取るつもりが逆にビキニひっぱがされちゃいました体によるおっぱいポロリ。
8時台のドラマでなら、第一回目からそんなシーンのあったことが衝撃的だった「俺たちの旅」、ロッカールームで着替える体の、それをオメダが目撃する体の、金沢碧のおっぱいポロリ。
9時台、そこが舞台なんだから毎度おっぱいがポロッて当たり前の「時間ですよ」は言うに及ばず、その同じ久世光彦演出による10chのドラマ「あとは寝るだけ」における、それがまったく脱ぐことに必然性など微塵もなかった戸川純のおっぱいポロリ。
NHKだって負けちゃいられません。天才和田勉演出によるドラマ「ザ・商社」の、モデルから女優になりたて夏目雅子の、目の前の山崎努に見せる体の、おっぱいポロリ。
10時台にもなれば昔のテレビはほぼ大人に占有されるという暗黙の了解のもと、どのチャンネルもおっぱいは”ポロリ祭り”だ。「傷だらけの天使」は比較的おっぱいポロリ率の高いドラマだったが、第三話「ヌードダンサーに愛の炎を」の、日本人離れした中山麻理の豪快なおっぱいポロリ。それを私たち年代のものは、夕方4時台の再放送で目撃しているというのだから、おちおち部活なんてやってられっかという話だ。
もちろんおっぱいポロリはドラマに限ったことではない。「テレビ三面記事ウィークエンダー」再現ドラマでのおっぱいポロリ。「11PM」、「独占!男の時間」、もしかしたらこの番組がおっぱいポロリの断末魔だったのかもしれない「ギルガメッシュないと」…。

枚挙に暇がないとはこのことだ。テレビとはすなわち「おっぱいポロリを見るためのメディア」であったと言っても過言ではないいきおいだが、ああそうだそうだいけね、今日はただただおっぱいが頻々とポロポロしていた頃を懐かしもうという主旨で書き始めたのではなかった。

連続殺人事件の、次々殺される女性のほぼ100%が意味もなく脱がされおっぱいを露にしてしまうという、「おっぱいポロリを見たけりゃこのドラマを見ろ!」と言わんばかりの伝説の番組、天知茂演じる明智小五郎の眉間のしわが渓谷のように深かったテレビ朝日江戸川乱歩傑作ミステリーシリーズを、このところ私はレンタルでまとめて観ていて、というのもうちの近くのTSUTAYAが毎週水曜限定旧作レンタルオール100円なものだから、だったらこの機会にと、クレージー映画や座頭市シリーズなどなどまとめ視聴しているシリーズ物のひとつがこれで、これが改めて観ると、そもそもツッコミどころ満載のドラマであることを承知の上でも、あんまりといえばあんまりな驚愕シーンの連打に愕然としてしまうのだ。

昨日観たのは「緑衣の鬼」を原作としたシリーズ第四弾の「白い人魚の美女」。たとえばこんなシーンにまず驚かされる。
不気味な謎の人影に悩まされる夏純子演じる芳枝が、明智小五郎にこう言う。
「このいたずらは私に関係あるんでしょうか?」
と、明智小五郎は、一点の曇りのない真剣なまなざしでなんのてらいもなく言ってのけるのだ。
「そうかもしれません。美しい人というものは、知らず知らずのうちに罪をつくってしまうものですからね」
これだけでもかなり寒イボものなのに、しれっと女はこうくるのだ。
「まあ、こわい!」
女—!謙遜しろーっ! と、こんなノリは序の口なのだ。

これをきっかけに芳枝の周りでは、件のごとくおっぽいポロリ連続殺人事件がお決まりで勃発し、明智が提示したこの事件に関する「二つの不可解」と「五つの不可能」というものを、荒井注演じる浪越警部の手書きという体裁の紙が貼り出されるのだが、これがまたとんでもない代物で、なにがどう転んだらこんな間違いが平然と罷り通ってしまうのか、乱歩の考えたトリックよりむしろその撮影現場こそが摩訶不思議な、以下がそのままを書き写したものだ。
注目は「五つの不可能」の方で、すべてに主語が抜けているが、頭に「犯人は」とつけて読んでみていただきたい。

1. どおしてホテルの密室から芳枝さんとフロント係をのこして消えたか
2. どおして水族館のゆきどまりから消えたか
3. どおして芳枝さんを部屋から地下道え連れ出したか
4. どおして地下道から足跡をのこさずに脱出したか
5. どおして芳枝さんの部屋にしのびこんで日本刀で刺し逃げたか

3の「地下道え」にもビックリだが、なんなんだその「どおして」の乱れ打ちは!
書き起こした浪越警部がバカという設定なんだろうか。いやまさかの凡ミスだとしたら、ちょっとこれはレベルが低すぎて怖いくらいだ。
この「どうして」を「どおして」と書き損じていることに、監督以下スタッフ一同、キャスティングされた俳優らもなんの異議を唱えずに粛々と進んでしまう撮影現場。凄すぎだ。奇跡だ。面白すぎだ。
というわけで、これからもこのおっぱいポロリ乱歩シリーズはつぶさに観ていくつもりなので、爆笑シーン発見の際はここで報告予定だ。

って、これも本題ではなかった、いけね。
かれこれ休載中の「犬のまんが道」。4コマ漫画は、もちろんネタは湯水のように湧いて出るわけもなく、「よし4コマ漫画を考えるぞ」とスイッチをひねらないとはじまらないし、はじめたところで納得の4コマがすぐにできあがるわけもなく、そういったモチベーションに今まったくないのであれば、だったら漫画修行もそろそろ次のフェーズにシフトすればなにか違う景色が見えてくるかもしれず、というのは後づけで、このぶっとびおっぱいポロリドラマを視聴中「あれ、なんかこの天知茂、もしかしたらカンタンに描けるんじゃね」と思いついて即実行したら存外似てたので、だったらブログにアップだ。と、そんな経緯で、これからじゃあたまに似顔絵修行に励もうかなあと。
そんな感じの第一回目です。

c0018492_8402793.jpg
似顔絵とは、描く人が描かれる人をどう見たかだ。
天知茂の目に下にクマなどないが、ともすると頭脳明晰な正義の人にはまったく見えない悪人づらがポイントだと思った。それと"乗っけてる"としか思えない頭。
それにしても、葉巻くわえるし、美女となれば見境なく色目を使うというとんでもない明智小五郎像だが、生前の、乱歩の親友だった横溝正史はこのドラマをどう観たんだろうか。


補足情報として、最後にひとつ。
この「白い人魚の美女」17分51秒あたりに、「あれ?今の、それはそうだった?」ってくらい微妙な、だからこそ自然なのかもしれない天知茂の二度見が観られます。すっげーさりげないの。興味のある方は是非。

似顔絵塾、つづくよ。

■今日のYouTube教授trioライヴ■
「m.a.y. in the backyard」「self portrait」サイコーでしたな。改めて聴きたくてもCD持ってねーんだよな。いつかは「音楽図鑑」のリマスター盤、出してくれるのかなあ。「未来派野郎」もなあ。

by wtaiken | 2011-11-19 08:52 | 目指せ、針すなお!の似顔絵塾 | Comments(0)