カテゴリ:777( 5 )   

777 スカイフォール   

c0018492_21432716.jpg

7月に7並びジャストの買い物をしてからわずか4ヶ月で、今年2度目の ¥ 777です。

ダークナイトがらみの記事を毎度期待されている方にしたら「なんぢゃそりゃ」なこったろうと思うけど、昔からのお馴染みさんにとってみればダークナイトばかり取り扱ってきたここ2年がむしろ異例というべきで、気が向いたらなんでもランダムにとりあけてきた当ブログの、勝手に自己申告するならば人気コーナーであるところの、これぞ ¥ 777レシートコレクションなのであって、右側に表示されているカテゴリーの「777」をクリックしていただけばこれまでの経緯が理解できると思うので詳細はあえて省く。

前回も記した通りすでに「777円レシート」の希少価値が薄れかけてい、コレクション魂の根幹が大きく揺らぎかけているので、そろそろ「おう、そういえば前回777円の買い物をしたのはかれこれ12年前であったかのう...」くらいの出なさ加減で、午後の日だまりの縁側でこれまでのレシートを並べてはしみじみ眺めながら昔を回想してみたいというのに、これだよ。

偶発的とはいえこうもたびたび777円の買い物をしてしまうと、次第に興味の対象は「だったら人は一生涯でどれくらい777円の買い物をしてしまうのか記録に挑戦!」になってしまっている。

それにしても毎度のことだが、コンビニなどでの買い物の嗜好性がレシートによって白日の下に晒されてしまうのは、いかんせん買っているもののほとんどが菓子ばかりなのだからかなり恥ずかしいのだが、今回買ったロッテ「極上比率」はめちゃめちゃ美味なので、店頭で見かけたら是非ご賞味あれ。
c0018492_2216838.jpg




さて、今日から12月。
そして本日公開された「シリーズ最高傑作」と誉れ高き「007 スカイフォール」を早速観てきましたよ。ちとネタバレするかもしれないので、以降読まれる方はご注意を。
c0018492_2217561.jpg

序盤からタイトルロールまで一気に飛ばすプロローグは快調で、引き離されそうになる列車にパワーシャベルで食らいつく追撃アクションシーンは予告篇ですでに公開されていたのがかなりもったいないくらいの迫力とサプライズ感が満点。
以降もなにかと驚きの展開はなかなかよかったと思うのだが、いかんせんボンド映画らしくないストーリーがおそらく世の007ファンからするとかなり不満足だったろうと思う。
特に終盤盛り上がりどころの、ハビエル・バルデム演じるシルヴァVSボンドの闘いが場所といい、闘い方といい、あまりにも007らしくない。途中から私は007映画ではなく、まるで別のアクション映画を観ているつもりで愉しみました。
そのシルヴァも、圧倒的存在感を見せつつも、横からチラチラ見え隠れしてくるのはあきらかに "ダークナイトのジョーカー"で、その割には悪事が一貫せずにちくはぐしてい、たとえば ボンドを倒すのには地下鉄を崩落させるほどの演出過多をしたかと思うと、真の目的であるM殺害には自ら乗り込み拳銃一丁で射殺しようとするだけいうバランスの悪さ。
前述のボンド映画らしくなさはあきらかにこのシルヴァの私怨によるM殺害計画がクローズアップされすぎたからなのであって、そもそも個人に対する恨みひとつ晴らすにしては計画が大掛かりすぎる。(これは「ダークナイト ライジング」でも同様)
私怨の先に、あるいは私怨と見せかけて...といったどんでん返しが欲しかった。
また、世界各国に潜伏する諜報員たちの身元が徐々にあきらかにされ、世界状勢が混乱するさまももっと物語にうまく取り込めれば、俄然007映画らしくなったようにも思う。

心機一転若返って登場する武器開発のQも、ボンドとの丁々発止な出会いシークエンスではかなり期待させ、以降若さゆえの無鉄砲さと発言がさらにエスカレートするのかと思いきや、MI6内勤シークエンスでは精彩を欠いた描き方しかされなかったのも惜しかった。

と、あれこれマイナスポイントを記しきたけれど、映画としては見応え十分。
ダニエル・クレイグのボンドシリーズの中では、突発的にバランスよくまとまった第一作め「カジノ・ロワイヤル」に比べると007シリーズらしさでは圧倒的に見劣りし、ボンドガールの扱いでも "カジノ..." のエヴァ・グリーンに軍配が上がり、とはいえ全体のエンターテイメント性では今作が上を行くといったところ。
結句どれだけボンド映画に思い入れがあるかによって評価は分かれると思われ、好きではあっても過去作に固執する思い入れがない私は、ボンド映画らしからぬ「スカイフォール」は、それはそれで面白かった、というのが総論。

2012年の映画館鑑賞も、残すところ、ウディ・アレン「恋のロンドン狂騒曲」、ティム・バートン「フランケンウィニー」、そして「レ・ミゼラブル」で打ち止めかな。

んでは、また。

by wtaiken | 2012-12-01 23:29 | 777 | Comments(0)

777円レシート・ストライクス・バック   

前回777円ジャストの買い物をしてから約9ヶ月。
振り返ると、ほぼ年一回の、こうも順調なハイペースで「777円レシート」をたたき出してしまうと、なんだか希少経験のつもりでブログアップしはじめた根幹がグラグラとゆらいで、いちいちレシートをスキャンしてまで記事にすることもない気がしてくるし、だいたい誰もこんな記事を読んじゃくれまいと思うと虚しい気もするのだが、やはりレジで会計時に「777円になります。」などと言われると「やったぜー」と心の中でとるガッツポーズは幾度経験しても変わらないものだし、そもそも読んでいただいているみなさまへの" 小さな幸せのおすそ分け "というよりは、ただただ自分の記録として、未だかつておそらく誰一人として実証してこなかった「人は一生涯の買い物の中で、果たして何度ラッキーなゾロ目" スリーセブン "の買い物をするものなのか」という実験を身をもってしている、ただそれだけのことなんだなーということをご理解いただき、「ああ、出したのかい、また」くらいのつもりでおつき合いいただければ幸いである。って、これでも頑張って書いたつもりの、そろそろ「777円」にまつわるエピソードもそうは長くは書けんぞ、と。

c0018492_175084.jpg


さあ、次はいつだ!

by wtaiken | 2012-07-09 01:41 | 777 | Comments(2)

777・ライジング   

これまでこれといった凶事に見舞われたことはもちろんないが、未明にデジタル時計の4時44分を偶然に見てしまったりするとしばし嫌な気分にさせられるし、逆に別段吉事などあった試しもまったくないが、ちょうど777円の買い物をすると験を担ぐことのほとんどない私でもなんだか歓ばしい心持ちがするものだ。

比較的宵っ張りの、人が寝静まってからのそのそ仕事を始めることの多い私にしてみれば、時計の4時44分を目撃することなど数知れずあることなのでそれを逐一ブログに記してはいないけれど、「777円レシート」は当ブログ開設以降欠かさず報告してきたつもりで、おおよそ7年でこれまでたったの2回きり、そういえば前回は何年前のことだったか、最近久方ぶりに777円ジャストの買い物をした際に記事をさかのぼって調べるのが結構面倒だったので、この際だからおおむね自分のためだけに最新の本日分を含めて3記事をとりまとめカテゴライズしたのだった。
改めて興味のある奇特な方は、「カテゴリ」の「777」をクリックすれば一覧可能。

前回「3年ぶりに出た!」と記事に記したのが、2009年。以来今回は2年ぶりのことだと思ったら、私の財布の中の「777円レシートをとりまとめておくコーナー」にアップロードしていなかったもう一枚を発見したので、今日はそれもまとめて。
c0018492_339311.jpg
いやあさすがに1年前のレシートだよ、まだタバコ買ってるもんね。場所からわかる、ああ某代理店から帰える道すがらの買い物だなあと。それにしても遅くまで仕事してんなぁー。
c0018492_3382341.jpg
777円レシートをアップロードするたびに露呈する自分の買い物ぶり。今回の目玉は、なんといっても物産展でなぜかグリコワンタッチカレーを買っている点。しかも甘口。子供か。そこくらい豪気に辛口で行きましょうや会田さん、だ。

「この次いつ会田さんが777円の買い物をするのか、毎日毎日ワクワク心待ちしています」そんなやつぁ一人もいまいが、レシートは経年変化で白っちゃけて単なる不要の"なんだっけこれ"状態の小さな紙切れと化してしまうので、私にとっては貴重な記録であるうえに、生涯ブログを続け、777円レシート保持世界記録でギネス申請予定だ。



■今日のダークナイト・ライジング■

たいがいロケは週末でスケジューリングされているようなので、日本には日曜・月曜にかけてロケ・ショットがどどどっと届く。だもんで週中の今日は、前回と同じシチュエーションの、別カットなど。
c0018492_4144595.jpg
激突前のベイン軍団。
c0018492_4205170.jpg
ノーラン監督、NICE COAT!
c0018492_4242643.jpg
段取りをつける二人。「ここはこんな感じっすか、ベールにいさん」「いいからもっとだよ、もっと来いよ」
c0018492_427555.jpg
THE GIRL ON A MOTORCYCLE。アラン・ドロンのもとへとひた走り。映画が違います。
c0018492_4285557.png
おまけ。ファンメイド。
BANE meets PEANUT。チャリー・ベイン。

ああそうそう。やっぱ日本では「ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」に「ダークナイト・ライジング」フッテージはかからないんだってよ。と、この記事にありました。

by wtaiken | 2011-11-11 04:34 | 777 | Comments(2)

777   

なんとなく年越しの仕事を抱えつつ、年始は少しばかりのんびり過ごして、いよいよ今日から仕事はじめ。こうしてまた一年がはじまってしまうのです。

今年は、5月のそれに匹敵する、土曜を休むと5連休が9月にもあって、これにはガッツポーズのひとつも思わず出てしまうところなのだが、おそらくそれら2つの大型連休時期ぴったりに、某ケータイ会社の、5月には夏商戦用の、9月には冬商戦用の、新商品発表記者会見用映像の仕事とちょうどぶつかりそうで、正月早々暗澹たる気持ちになっている私に、こんなささやかな幸福が。

3年ぶりに、出ましたジャスト777円のお買い物。
c0018492_3435010.jpg

細かいが読めばわかる通り、ペットのジャンガリアンハムスターの買い物で、"ハムスターのイチゴサンド"という品目が実に微笑ましい。

ちなみに、これが、3年前の、2006年に777を出した時の記事なのだが、それにしても、レシートひとつで、我ながらよくもまあ文章を書いたものだと関心するよ。

昨日、この¥777を出した時、レジ係の野崎綾さんは、心の中で「おめでとう」と言ってくれたろうか、と、3年前と同じことを書いてみる。

by wtaiken | 2009-01-04 04:35 | 777 | Comments(0)

ラッキーセブン   

寝苦しさにふと覚ました目が何時なのだろうかと捕らえたデジタル時計、その表示している数字が偶然にも4:44だったりすると、どちらかといえば信心の浅い部類に属する私であってもなにやら不吉な予兆を感じたりなんかして、とっさに布団をかぶりその時ばかりは手を合わせ、こう思うのだ。
「ああ、神様ー。今日一日が無事でありますように...」

この未明における不吉なデジタル時計4:44の目撃例を私は数多く持っている。これがいくら偶然の産物であろうとも、やはり4が3つも並ぶという符号に柄にもなくゾッとし、そしてそのたびすがるように拝むのだ。
おかげで私は生き延びている。

ことさら私たち日本人が4という数字を忌み嫌っているのは、いうまでもなく4=死を連想させるからに他なく、例えば唐突にたくあんを例にひくと、4切れで膳に出すことは縁起が悪いとされていたりする。だったら3切れはどうかというと、これも「身(3)を切る」からダメで、だから2切れじゃもの足りないという手合いの食卓にたくあんは一足飛びで5枚以上皿へ盛られてしまうことになり、ちょっと欲張ったばっかりにたくあん好き好き人間はたくあんばかりただひたすら食べなければならないのだった。いくらほかにも食べたいおかずがあろうとも箸をのばすことも出来ず一心に、ボリボリ次から次へと一度の膳でたくあんを5枚以上消費しなければならないたくあん好き好き人間。大変である。

いやいや。たくあん好き好き人間のことはどうでもいいんだ。

僕たち私たちにとっては凶変を連想しがちな4という数字なのだが、これが外の国の人ともなると縁起とはまったく無縁となるわけで、だから外人は「UNLUCKEY NOMBER"4"? WHY?」とばかりオーバーに肩をすくめてみせては平然とたくあんを4切れ食うというのだから驚きだ。そればかりか受験番号444に平常心で試験に臨み、444号の部屋番でも平気で世界一周の船旅ができる。
こうなると444も形無しで、私たちにしてみれば4に対して無防備にもほどがあると考えがちだが、ここにもお国柄というものがあるわけで、今や日本でもお馴染みになってしまったその日の金曜日に一体何があったかは知らないが、13という数字がアンラッキーナンバーだったりする。
さらにキリスト教信仰社会においては、4が3つばかりかいくつ並ぼうとも泰然自若たる余裕を見せてはタバコなんか吹かしたりしてるくせに、6が3つ並んだ途端に恐怖に顔を引きつりはじめるのだから不思議だ。慌ただしくタバコをもみ消し、見る見る顔色を曇らせ、ズリズリ後ずさりをしたかと思うと耳を塞ぎ「あわわわわ〜」と子供のようなことをはじめてしまうのだ。そう、この666という6の3並びは旧約聖書黙示録の一節によると、アルマゲドンを引き起こすシンボルであり、さらには6月6日6時に生まれた子供は悪魔の子とされ、その子には印しとして体のどこか666の痣が残されているんだそうだ。だから6月6日6時に生まれた子をもつキリスト教を信仰する親たちは、夜中にこっそり子供の体中をなめ回すように666の痣がないかをチェックするらしい。そしてそんな痣がないとみな一様にホッとするのだが、まだ安心してはいけない。実は髪の毛に隠された頭皮にこそ、その666の痣は巧妙に隠されているわけで、是非キリスト教を信仰するお父さんは子供の頭皮にお気をつけいただいたきものだ。

いや。オーメンの話はどうでもいい。どうでもいいんだが、どうやら今年2006年の6月6日にホラーの名作その「オーメン」のリメイク版が公開されるらしい。

さて、こうしてアンラッキーな数字には各国ばらつきが見られ、ともすると「16235892241はアンラッキーナンバー」などと憶えるのも一苦労な国もあるかもしれず、ところが反対にラッキーナンバーについては"7"であることが広く世界中へ流布しているようだ。この"ラッキーセブン"という考え方の源はどうやらアメリカであって、しかも比較的その歴史は浅く、聞くところによるとニューヨークヤンキースが負けている試合の7回の攻撃で頻繁に奇跡的な逆転をするところから言われはじめたんだそうだ。もちろんこの日本にもそれはいつしか輸入をされ、末広がりで縁起がいいとされる8よりも、もはや7の方がラッキーナンバーの地位を歴と確立している感が強い。しかもそれが3つも並んでしまうフィーバー状態、777にでくわすと人は根拠もなく吉兆に出会ったように舞い上がるものだ。

昨日バーで出会った七瀬奈々子は7月生まれで、その日すこぶる上機嫌な彼女にドリンク代をおごってもらった。なるほどそれはラッキーである。
7時7分きっかりに質屋に入ったら、目の利かない店主がニセロレックスの時計に意外と高く値をつけ引き取ってくれた。それもラッキーであった。
と、なにもこんな突飛な例をいくつも列挙するまでもなく、日々パチンコ屋さんではこの777の恩恵にあずかる人は多く見いだされるだろう。
だからといって目を覚まして見た時計のデジタル数字が7:77だったりしたら逆にとっても怖いわけだが、バーにふらりと飲みに行かない、ニセも本物もロレックスの時計など持ち合わせない、そのうえパチンコもせずおおよそギャンブルに縁のない甲斐性なしのこの私が、だからこそたまに出会ってしまう777という3連に、くどいようだが信心が浅くともうれしくなろうというものだ。

これが一般的に、どれくらいの確率でそうなるかを私はしらない。実のところそれは頻々と見受けられることであって、なにもここでこうして取り立てるべき話しでもないのかもしれない。
それは夜中の、いや別に夜中でなくてもいいがこと私に限って言えば夜中に立ち寄ることの多いコンビニのレジで、突如吉相777は現出する。
「♪ピッ。♪ピッ。合計777円です」

そうである。つまりちょっとした買い物で偶然にも物品価格の合計が図らずも¥777だったりするのだ。いつもは渡されたそばから紙屑と化してしまうレシートを、その時ばかりはマジマジと見てしまう。ホントだよ、偶然にせよ、そこに777は記されている。なんかうれしいじゃないか。だからといって特別ステキなことがあったためしなどあろうはずもないが、夜中のコンビニのレジで私はこうしてささやかな慶びを感じてしまうのだ。
確かそんなコンビニのCMが去年あったりしたが、それを観たときは「おおー、同志!」と企画した知らない誰かに強く共感もしたし、そうして幾たびか買い物金額の合計¥777を叩き出しては、そのレシートが私の財布にいつしか貯まってしまっている。

世の中に在りと在る特殊なコレクターたちは一般人が見向きもしない紙屑ごときに価値を見いだし、そのコレクションが個人にとどまらず、やがて広く一般的に価値を生むことがあったりする。それが古いマッチ箱ラベルだったり、倒産してしまった航空機のチケットだったりし今や高値をもって取り引きされていたりするのだが、だからといって私の財布の中に蓄えている¥777のレシートが、いづれ価値を生むなんてまったく考えられないし、もともとそんなつもりで貯めているわけでは決してないのだ。
3度も言うことで逆に深いやつだと思われてしまうかもしれないが、信心の浅い私にとってレジ前で偶然にもそうなった時に少しく喜び勇んで雀踊りはしても、それが常時幸運のお守りとして効用を期待して財布に忍ばせているわけではないし、だったらなぜとっているのかというと、いうなれば以前記した映画における名優たちの二度見への着眼もつまりまったく同列であって、どうにか人が見ていないところを見ようとしていたいし、そこにこそ価値を見いだしたいし、そんな自分の着眼点を自らが面白がっているだけのことなのだ。
だから人はおそらく¥777のレシートなどになんの価値を見いだし得ず、そしてそれを見てはきっとこう言うはずだ。
「集めてどうする」

どうもしないさ。どうもしないのさ。
そう、人がこぞって集めるものに交換価値が存在し、そこにこそ価格が発生しようとも、自分にとっての本当の価値とは、人が捨ててしまう、見向きもしない、交換できない売り物にもなんにもならないものにこそ、あるのだから。だからこれからも私は集めつづけるのだ。

いや。それは私がただ単に、輪ゴムをいつか使うだろうときのためにいくつもいくつも水道の蛇口へ巻き付けているように、"捨てらない人"ただそれだけのことなのかもしれない。私の行く末は、近所に疎ましがられワイドショーの格好のネタになるゴミ屋敷の主人であるかもしれないそんな兆しの紙屑が、今も財布の中にもこっそり忍ばされている。


<大公開! これが「レシート777」だ!>

c0018492_2455042.jpg
それまでにも一度か二度"出た"こともあったが2003年10月10日から蒐集はスタートしている。
「SFムービーSエイリア」の×2とは食玩である。そこまできたらあと一文字"ン"くらい印字したらどうなんだといいたくもなるが、それよりも増して気になるのは「元気の素405B缶」だ。なんなんだそれは。だったらA缶もあるのか、あるんだったらなぜBにしたのか気になるところだが、今やまったくそのブツがなんなのかすら記憶にないし、買った私はその日元気がなかったんだろうか。





c0018492_246318.jpg
モスバーガーの匠味を食ってんし。
ポテトのSと組み合わせると、誰でも「レシート777」を速攻ゲットできるので興味のある方は是非お試しを。
それにしても2003年10月30日とは出るときゃ立て続けに出るもんだね。
10,077円を出し、9,300円おつりをもらっているところが、なにか笑える。







c0018492_2461946.jpg
2004年の9月1日だ。1年ほどブランクがある。
そしてジョナサンの朝はとろろ朝食だ。
レジ担当の久恒雅美さんは、このとき心の中で「おめでとう」と言ってくれただろうか。






c0018492_2463443.jpg
続くときは続くもので、2004年の12月1日で、きっちり3ヶ月後に"出た"だ。
「コナミSFムービームービーセレクションガメラ」2ヶは食玩である。また食玩である。また2ヶである。
確かこのとき劇団の第一回公演への稽古がはじまっていて、ダブったやつをご出演いただいた亜門先生に贈呈した気がする。亜門先生、いらなかったかもね。







c0018492_2465450.jpg
ちと判別しづらいが、リトルマーメイドでパンを買っている。実についこないだ"出た"最新の「レシート777」だ。
すると2005年は丸々1年間それが出なかったわけで、なるほど去年はなかなか大変な年だったことを鑑みると、こりゃ今年の運気はいいのかも。どこが"信心の浅い"だ。バリバリ験かついでる私だったりする。

by wtaiken | 2006-02-21 02:44 | 777 | Comments(2)