「ダンケルク」公開まであと8日!   

もう無理だわっ! 観てない映画を肴に記事を書き続けるなんてっ! という毎度の愚痴からスタートします。

30日? (だったかな?) にYahoo!映画のレビュアー限定試写会が行われたようで、昨日辺りから「ダンケルク」ユーザーレビュー数がグンッと増え、想定範囲ではあるものの、おおむね5☆満点中およそ5から4評価に集中している。
レビューを書いている本人がネタバレとは思っていなくても、ちょっとした描写がともすると思い切り重要なストーリーに抵触しているかもしれないのでほとんどに目を通してはいないが、公開後にそれらレビューを片っ端から読みあさっては「なに言ってんだいこの人たぁ!」だの「おお、そうだそうだその通りだ!」なんて一人ごつ愉しみもまた「インターステラー」以来の3年ぶりということか。

できることなら今度こそ積年の夢を叶えるべく、大阪まで日帰りでもいいからエキスポシティに赴き、次世代IMAXの巨大スクリーンでこの映画は体感したいところではあるのだが、そんな映画道楽で身上をつぶすわけにもいかず、毎度毎度恨みがましいことだが、2019年オープン予定の池袋にできる次世代IMAXシアターのリバイバル上映を待つことにしようかと、つくづく残念なんだけれども。
ちょうど2年後の2019年には次なるノーランの新作が公開されているかもしれないし、なんにせよノーラン作品は「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」「インターステラー」、そして「ダンケルク」とIMAXシアターには欠かせないソフトが多いので、100%オープン後にかかるはずだから。

おっとそういえば、9月9日に日付が変わった午前0時から1夜限りのオールナイト爆音上映会「ダンケルク公開記念 爆音前夜祭」が新宿ピカデリーで行われるんだそうだ。ラインナップは日本では最速上映となる「ダンケルク」に「インセプション」「インターステラー」の3本興行で4.800円。なにせ「インターステラー」があれなもんで、0時にはじまり終わるのがなんとまあ朝の7時30分だっつーんだから、かなり気合い入れて観に行かないと、爆音じゃなくって爆睡なんてことになりかねないですぞ。
私はプログでも触れたように、公開に先駆けて6月末に行われた品川IMAXのリバイバル上映で、ちょうど「インセプション」と「インターステラー」の2本をともに久々に劇場で観てしまったので、"爆音" とはいえ耐久レースのようなこの企画は今回はパスだな。

さて今日はこんなところで。日に日に内容がうすべったくなってきたなあ...。
あんまりなので、クリストファー・ノーラン作品群の4K UHD情報を。

現状リリース情報として明示されているのが、オーストラリア。日本では公開前の「ダンケルク」が、早くも年末には4K UHD/BDとして発売され、どうやらそれに合わせて同時発売されるらしい。発売されるのは「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」「インセプション」「ダークナイト ライジング」「インターステラー」で、12月6日発売予定。残念ながら北米や日本ではまだ発売未定。公開が2ヶ月遅れの日本では、「ダンケルク」自体のソフト発売がずれるだろうから、それらフィルモグラフィーもまた2ヵ月遅れの来年2月あたりに発売されるといいんだが。
このあとの余生で観る回数を考えると、もうあまり観なかろう「インセプション」はおそらくパスしたとしても、ダークナイト・トリロジーの3作と「インターステラー」は外せまい。それにまだ未見のくせに4K UHD購入決定の「ダンケルク」と合わせて計5枚という散財に、こりゃ今からノーラン4K UHD貯金をはじめなきゃ、だわ。
新しい特典がつくか否かも興味津々だが、過去作6枚BOXが出たらそれにしちゃうかも! 
どれくらいクリアな画像になるのか、こっちの方も今から愉しみだわい。

by wtaiken | 2017-09-01 22:58 | Comments(0)

<< 「ダンケルク」公開まで「7」が... 「ダンケルク」公開まであと9日! >>