3ヵ月ぶりとかになってしまい...   

いつものことながら、ブランクがありすぎるというか...

その間に、「前略おふくろ様」以来の、どころかその半期前の (はずの) フジ制作ドラマ若尾文子演ずる死んだ奥さんが残された無精な夫 (藤田まこと) を気にかけなにかと幽霊となって現れてはちょっかいを出すコメディー「あなただけ今晩は」...より遡ること数年前の、当時確か私と同じくらいの小学低学年の子供が不治の病にかかってしまい、朝起きておしっこしたときの「お父さん、ぼく、いま真っ赤なおしっこが出たよ」というセリフがあまりにもショッキングだった「君は海を見たか」以来の、つまりかれこれ40数年来の、この歳にしては "生粋の" と表現してもよさそうなファンであるところの倉本聰新作ドラマが4月改変期からはじまってい、お昼にのんびりテレビでも観ているようなシルバー層をターゲットにした昼帯ドラマ「やすらぎの郷」のことなんかもあれこれ書きたかったし、4月だったかに再放送されたNHKドラマ、現状横溝正史原作の金田一耕助ものとしては最新の映像化である「獄門島」、その長谷川博己演じる新しい金田一像があまりにもネット民の批判対象となっているので、ある意味援護的なドラマ評を、市川崑の映画および古谷一行・金田一の1977年「横溝正史シリーズ」などと照らし合わせつつ書きたかったのだが、久しぶりの更新となる本日はリハビリととらえ、結構根をつめて書かなければならなそうなそれら案件は差し置いて、やっぱりそうきたかの映画の話題でご機嫌でも伺おうかと。

さて、もうかれこれ1年も前になるだろうか、ティザー予告が公開されて以降、これまでに予告篇が計3本、そのどれもが観ていてどうも今ひとつな印象しか残らない、クリストファー・ノーラン史上初の「あんましワクワクさせてくれない」予告篇ばかりだからこそむしろ本編に期待出来るのではないかと、つまりこのところDCコミック映画にありがちな "予告篇詐欺的" なものとは真逆のことがファンの間ではささやかれもしている第二次世界大戦中の史実「逃げるが勝ち!」な大撤退作戦「ダンケルクの戦い」を描く、タイトルもズバリな「ダンケルク」の公開がいよいよ迫りつつある中、いまのところ "国内最大級" というふれこみの、2019年には次世代IMAXレーザーシアターが杮落される予定の池袋に追い抜かれるまでは、もう成田にはいかずにここしかないでしょな駅前IMAX、電車降りてなんなら5分強で巨大スクリーンに対峙できるアクセスの良いT・ジョイPRINCE品川にて、9月9日公開なので一足も二足も早い感が否めない「公開記念」のクリストファー・ノーラン特集が組まれ、本日24日から翌週30日金曜日まで、「インセブション」と「インターステラー」の2本が期間限定公開ですぞ、みなさん! なのでした。( いやあ我ながら1文が長い長い、息つぐ間がありゃしない。) 映画館としては一年の中でももっとも稼ぎ頭な、ブロッグバスター映画がこれから目白押しな夏興業前の、ちょうどここしかIMAXが空かなかったってことなんでしょうね。
本気の公開記念リバイバルなら、公開日9月9日へのカウントダウン的な直近1週間前にすればより「ダンケルク」が盛り上がるはずなんだけど、そのあたりがなんだかんだいってまだまだ一般的に認知度が低い監督ってことなんだろうし、私には意外なほど一般的には、映画監督にこだわって映画を観る観客が少ないってことでもあるんてだろうな。

両作品共に1日1興業。IMAXとはいえリバイバルなので1300円。おトクだし何十回とテレビ画面で観るより断然価値があるので、ホント映画館で見逃している東京人はこの機会に是非。「インセプション」は朝イチ10時から、そして「インターステラー」は18時20分から。
おそらく2012年公開当時はそれぞれの都合で見送っていたところ、後追いでソフト視聴をし痛く感動の末「ああ映画館で観ておけば良かった」といった後悔民が "待ってました" とばかりに詰めかけるのか、私みたいなリピーターが、まあ上下相当な比率の映像がカットされてしまいはするものの、国内最大級のデジタルIMAXで再視聴するつもりなのか、「インターステラー」は、24日分、かなり埋まってきています。翌日曜の分も。連日18時20分からの興業なので、平日も「インターステラー」の方は盛況になるかもね。3時間の映画なので、終演がなんと21時20分。結構遅くなるので、お気をつけ遊ばせ。

実は3月に公開されていた「キング・コング : 髑髏島の巨神」の予告篇枠で、本国アメリカでは「ローグ・ワン」フィルム上映館でのみアタッチされていたらしい「ダンケルク」冒頭5分間のプロローグ映像が、当品川IMAXと二子玉川のみで限定公開されていたらしいんだけど事前情報が入らず、しかもこのコング、私その品川IMAXで観ているのにも関わらず朝イチ興業だからアタッチされなかったのか、あるいは開始ギリギリの駆け込みだったから時既に遅しだったのか、いずれにせよ見逃していた、観た人らのネット評でのハンパない臨場感らしいそのフッテージを、そんなもんあと少しで公開なんだから待てばいいんだろうけど、今回のリバイバル上映では観られるんじゃないでしょうかねえ、と期待。

そういえば4月に、映画館では久しぶりのリバイバル「ダークナイト」を有楽町のピカデリーで観たんだけど、(not IMAX) さすがに観すぎで途中眠くなっちゃいました。
「インセプション」は公開時に劇場視聴は1回、その後ソフト視聴は2.3回程度というごく常識的な視聴回数だと自ら認識しているけど、「インターステラー」に至ってはちょっと数えきれないくらいこれまでに観てい、その都度感動を新たにしているんだけど、IMAXで観るのは2012年の公開以来。
「ダンケルク」冒頭5分映像のこともあるし、両作の鑑賞報告は来週に!

ではまた近々に。

by wtaiken | 2017-06-24 03:26 | Comments(0)

<< ダンケルク5分映像、観られます 傷だらけの天使ファンに朗報 >>