死なない程度に忙しかった3月   

まさに文字通り "忙殺" な2月から月が改まった3月は、結局のところ忙しさが "死なない程度" に少しだけ後退したにすぎず、しかも月の半分が腎臓結石による腰痛に這うように仕事場と自宅を行き来し、どうにかこうにか20日に無事出石して、なにより健康体であることの幸福感をつくづくと感じているいとまなく数日後には再び腰痛に見舞われ、それが翌日には下っ腹に、その翌々日には右足の付け根へと移動する謎の痛みで、これもまた這うように大きな総合病院で検査してもらったところ「んー、わかんないね」ということで、もうなんか身体がかなりダメなことになっている今年の春なのです。

でまあそんなわけで、ブログも更新する心の余裕もなく、気がつけば卒業から進学・進級の4月になってい、このところ我が子の興味が次第に移行しつつあったうえに私も忙しくてテレビを観るどころではなくご無沙汰だったE テレの「いないいないばぁ」をHD録画で観たところ、もう目が飛び出るほど驚いたのは、何代目のお姉さんか知らねども、とにかくダンスのキレ具合とその笑顔の抜群なゆうなちゃんが卒業してしまったことだ。

先週一週間はどうやら次のお姉さん、といってもこれまでも歴代みんな小学3.4年生くらいからはじめて小学卒業と同時に番組を去るということなっている、そんなみるからにちびっ子な次代のゆきちゃんとバトンタッチなラスト週間になっていたらしく、その金曜日だけ観たもんだから、番組の終わりも終わりに突然、わんわんからよもやの "ゆうなちゃん卒業" の挨拶がされた時には、もうテレビ画面に向かって我が子を差し置いての「マジか!」の絶叫でしたよ。って50がらみの男が「ゆうなちゃん」だの「ゆきちゃん」だの「わんわん」だのと、一体なにを書いているんでしょうか、私は。

我が子が1歳になってから約1年、もちろん我が子にとっても一緒に観ていた私にとっても、「いないいないばぁ」とはあとにもさきにも=ゆうなちゃんただ一人であったし、それがすでに贔屓目で観てしまっているのかもしれないけれど、やっぱり最高のパフォーマーだったなあとつくづく思うのだ。

保育園から帰って今週の「いないいないばぁ」録画分を観ながら、「あれ、ゆうなちゃんがいないね。どこいったの?」とポツリとそう言う我が子に、私は心の中で「淋しいのはお前だけじゃない」と、そうつぶやいてみるのだった。

これからは毎月末の最終日曜日オンエアの「わんわんワンダーランド」にて、ゆうなちゃんのキレッキレのダンスとナイスな笑顔を観ることができます。ゆうなちゃんのいない「いないいなばぁ」のレギュラー放送はもう観ない宣言をした私に、家人は「いやねえ、ロリコンは...」などとと言われてしまったけれど、ムキになって全面否定するのもなんだし、これからも月一で、観ていて思わず笑顔のほころぶダンスと笑顔を愉しみに、ゆうなちゃんのさらなる躍進を祈って止まないのだ。

さて今日はCT検査です。
こうしてブログを更新できているのだから、下半身の謎の痛みも少しずつ良くはなっていると思うんだけどね。ではまた。

by wtaiken | 2015-04-01 02:10 | Comments(2)

Commented by ライノ at 2015-04-01 11:29 x
天気痛?(気圧痛、気圧が低くなると痛みだす。場所が方々へ移動する)でしょうか。であれば耳のセンサー過敏による痛みへの過剰反応だそうです。酔い止めの薬が効くそうです。(来そうだな、というとき飲む)

以上 ためしてガッテンより
Commented by wtaiken at 2015-04-02 05:18
ライノさん、アドバイスありがとうございます。いまのところ処方の鎮痛剤が効いてます。それにしてもこうしてブログで病気話が増えるなんて、はじめた40代には思いも寄らなかったです。おカラダにはお気をつけあそばせ、です。

<< 読みたい本は重いのだ いやあもうホント死んでました >>