ダークナイトトリビア:1回目←更新版   

c0018492_14253734.jpg
「ダークナイト ライジング」日本公開まで181日となって、って別に区切りのよい日取りでは特にないけれど、思い立ったら即実行ということで、ここに改めて「ダークナイト」(2008)を復習でもしとこかい!って企画なのです。
私の知る限りの「ダークナイト」トリビアルな話題を、映画の流れに沿って紹介していく事典的なコーナー。新作公開前に改めて「ダークナイト」を観ようかって人は、このページを参照しつつ鑑賞するってーと、もしかしたら面白さがアップするかもです。

映画館のショップでも販売されている「SCREENPLAYシリーズ 名作映画完全セリフ集」というシナリオの英文と対訳が並記されている本の「ダークナイト」が10コンテンツに分割されているので、便宜上それに合わせてこのコーナーも全10回に渡る予定。
第一回目はプロローグのジョーカー銀行襲撃から立体駐車場でのスケアクロウ逮捕までのトリビアを。

はじめる前になんとなく危惧しているのは、トリビアなことって登場人物にまつわることが多い気がして、となると映画冒頭部分に話題は集中し企画存続が危ぶまれるような竜頭蛇尾になりかねないのでは?と思っているんだけど、これは進めてみなきゃわからない。とにかくはじめてみようかと。
"復習"ということにしているので、当然ネタバレ満載です。まだ「ダークナイト」を観ていない人は、これは読まずにやり過ごした方がよいかも。

たまに筆者の主観や映画へのツッコミ、巷に流布した噂レベルの話題も含まれるので、主・客は入り乱れ、トリビアの真偽についてあやふやなところもたまにあったりするかもしれないし、これまで当ブログで紹介済みの話題もここにとりまとめることにするので、「それは単なる憶測じゃん」とか「間違ってますが」やら「あ、また同じこと言ってやがる」だののツッコミは無しに願います。そういうことも含めて、楽しんでいただければ。

ではでは、第一回目スタートです。


1 プロローグ、クラウンマスクについて

組織の息がかかった銀行を襲撃するクラウンマスクの一味。それぞれ「7人の小人」から引用されたと思われる名前は以下の通り。

※ちなみに「7人の小人」は、ドク、グランピー、ハッピー、スリーピー、バッシュフル、スニージー、ドーピー。
c0018492_220275.jpg
まずは屋上の2人、手前の通報装置を解除するのがドーピー(愚鈍な)。それぞれ役割を全うしたあと、同志によって殺されてしまうわけだが、まず真っ先に撃たれるかわいそうな奴がこのドーピーだ。
後方のボケて見えているのが、ハッピー。屋上でドーピーを殺したあと金庫室へ行って金庫をドリルでこじ開ける役割。当然仕事を終えた後仲間に殺されてしまうわけだが...。
c0018492_0244262.jpg
この一味の中で唯一"同志に"ではなく、銀行支店長に撃たれてまうのがチャクルズ(クスクス笑い)。支店長については、別項を立てるので「3」を参照のこと。
c0018492_22101094.jpg
金庫室で、仕事を終えたハッピーを射殺するのがこのグランピー(気難しい)。この一味の雇い主ジョーカーの、次々同志討ちにさせ盗んだ金のすべてをかすめ取るつもりだろう悪巧みを察知し先手を打とうとするが、突入してきたスクールバスに撥ねられてしまう。
c0018492_020306.png
そのグランピーに撃たれそうになるのが、ボーゾ(バカ)。そしてそのボーゾに最後に殺されてしまうのが
c0018492_22175150.jpg
バスドライバー。シナリオに名前はなく、ただ"運転手"とのみ。ボーゾを今撃たんとしているグランピーをついつい撥ねてしまうが、すぐにボーゾに撃たれてしまう。


さて、この"クラウンマスクの強盗団"で思い出すのは、スタンリー・キューブリックの「現金に体を張れ」。
c0018492_22205327.jpg
似たようなクラウンマスクの一味が強奪するのは、銀行預金ではなく競馬売上金だが、スタンリー・キューブリック好きを公言しているクリストファー・ノーラン監督の、これはリスペクトだろう。

<おまけ>
このプロローグ一連の撮影中スパイショットをいくつか。ま、今更ではありますが...。
c0018492_1511466.jpg
c0018492_1512369.jpg
おお、なんとクルマに乗り込む後ろ姿のジョーカー、初登場シーンの撮影じゃねーっすか。
今回改めて「ダークナイト」絡みのスチルを検索してみると、初めて見る掘り出し物が多く、その整理だけで時間がかかってしまうのだ。
c0018492_1522023.jpg
c0018492_1523292.jpg
このスーツ姿から察するに、銀行襲撃シーンに臨むヒース・レジャーだな、これは。ちょぴりだけ髪がジョーカーグリーンに染まってます。
しかしこうしていると、いかにもナーバスな感じのヒース・レジャーなんだけど、あのメイクアップにあの演技スイッチが入った途端に、もうヒースとは別人格の"ジョーカー"そのものにしか見えなくなるから不思議だ。
c0018492_205280.jpg
で、そのあとクラウンマスク被って、このシーンを撮影したんでしょうね。


...と、1つめの話題で途切れたままになってますが、これまたあとからあとから五月雨式に関連スチルが出てくるもんで、先に進みゃしない。

以下、ジョーカー銀行襲撃の監視カメラ画像もきちんと創られていたようです。
c0018492_2151412.jpg
c0018492_2154310.jpg
c0018492_2162950.jpg
c0018492_217487.jpg
この監視カメラに表示されている時刻を観て、私はビックリしましたよ。事件を起こしたのは午後の3時だったんですね!
確かにバスドライバーのセリフに"School's out . Time to go ."(学校は終わったよ、下校の時間だ。)とあるわけだし。
なんだけど、なぜか私は"登校時"だと勘違いしてました。ま、そうするとこのあとの警察の現場検証シーンが黄昏時なのは遅すぎだ。

その現場検証もゴードンとバットマンの金庫内カット以外は本篇には残されていませんでしたが、こうして存在していたというスチルも。支店長に撃たれたチャクルズの。
c0018492_2264970.jpg



えーっと、で...
仕事との兼ね合いで、第一回目の続きは本日どこかで更新予定。果たして区切りの"スケアクロウ逮捕"までたどり着けるかどうか...。
to be continuedっす!

by wtaiken | 2012-01-29 15:03 | ダークナイトトリビア

<< ダークナイトトリビア:1回目・続 「目指せ、針すなお!の似顔絵塾... >>